2015年07月06日

夜中に出歩かないとならない理由はあるのでしょうか?>電気の無駄遣いhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150704-00050074-yom-soci

Yahoo:「「お店暗いと夜道怖い」…七夕の消灯、参加激減

七夕の夜などに一斉に照明を落として節電の意識を高めようと、環境省が2003年に始めた「ライトダウンキャンペーン」への参加施設の数が急速に落ち込んでいる。

 防犯上の理由から、コンビニやファストフード店などが相次ぎ撤退し、7日に消灯する施設はピーク時の3分の1に減る見通し。同省が地球温暖化防止を周知する柱の一つと位置づけるキャンペーンだが、13年目を迎え、戦略の見直しを迫られている。

 キャンペーンは、二酸化炭素(CO2)の排出抑制のため、事業者らに省エネへの意識を高めてもらおうと始まった。夏至や七夕の午後8〜10時、オフィスの照明や店舗の電飾などを一斉に消灯する。東京タワーや大阪城天守閣、長崎原爆資料館などの観光・文化施設も参加している。

 当初は、日が長い夏至のみの実施で、2278施設・店舗が登録。08年以降は七夕にも行い、09年の七夕には8万5583施設・店舗にまで増加した。この日だけで160万キロ・ワット時の消費電力量が抑えられ、一般家庭約4万4000世帯の1日の排出量に相当する645トンのCO2を削減できたという。

 だが、この年をピークに参加数は減少。特に東日本大震災が起きた11年以降、参加を取りやめるコンビニや飲食店が続出し、14年は2万4152施設・店舗にまで減った。

 「郊外の店舗の周辺住民から、『お店が暗いと夜道が怖い』などと指摘を受けた」。「日本マクドナルド」の担当者はそう明かす。08年から参加し、10年には全国の3300店舗が照明を落としたが、翌年から参加を取りやめた。担当者は、「震災を契機に節電の意識が高まった。キャンペーンで訴えなくても、国民の多くは節電の大切さを理解している」と述べる。


夜活動しなければならない理由ってあるのでしょうかねぇ
すごく電気の無駄遣いをしているとしか思えないのですが!

24時間働くことも無いと思いますし・・・
地球の裏側で活動しているからといって、それに合わせることも無いでしょうに

夜が明けると同時に動き出して、日が沈むと同時に就寝とか無茶を言うつもりは無いですが
夜の時間帯に動き回る事の是非を問い直しても良いと思うのです

いずれにしたって、節電を理由に防犯灯まで消されている現状、夜安全とは思えないところが多くなっています。考え直すべきコトはいろいろあるんじゃ無いかなぁ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150704-00050074-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:夜道 節電 防犯 七夕
posted by ! at 21:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック