2015年07月03日

裾野が広がると馬鹿も増えてくる>混浴露天風呂復活http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150703-00000057-asahi-soci

Yahoo:「混浴露天ぶろ、条件付き再開へ 栃木、風紀乱れ6月閉鎖

風紀をみだす行為が絶えないとして6月に閉鎖された栃木県那須塩原市の塩原温泉にある混浴の露天共同浴場「不動の湯」が、8月1日から条件付きで再開されることになった。3日開かれた塩原温泉観光協会などの検討会で決まった。

 再開は11月末までの土日と祝日のみの期間限定。8月は13〜16日の平日も開く。夜間は湯を抜く。再開の条件として、男女ともバスタオルを巻くかポンチョのようなものをかぶる▽開放時間内は管理人が風紀を乱す行為を監視する▽清掃管理料(200円)を管理人に払う――なども決めた。管理人の人件費がかかるため、清掃管理料は再開後間もなく値上げする方針。

 3日の検討会後に会見した君島則夫協会長によると、不動の湯を管理している地元の福渡自治会から夏休み前の再開を望む声があり、協議していた。

 開放時間帯や管理人の常駐場所などは今後詰める。苦情の多い不動の湯周辺の違法駐車についても那須塩原署と連係して厳しく対処することも決めた。君島協会長は「みなさんが安心して塩原温泉の自然と湯を楽しめるために、再開後の状況を見守っていきたい」と話している。


知る人ぞ知るというレベルで利用している分においては、各人がきちんと空気を読んで不文律を守れるから、たいていは良い具合で使えると思います
ところが、誰もが使えるという風になってくると、空気の読めない、頭のおかしい人も紛れ込んでくるのでっけっきょく堅苦しい明文化されたルールが存在するようになるので、とっても使いにくくなる、そんな気がいたします

前から述べているとおり、やっぱり誰もがというのは、低レベル化を招くんでしょうね
それを利用するため、などといった意識づけがしっかりしていれば良いのですが、
そうじゃなく、ただ使いたいだけの人が来ると駄目なんですよねぇ
残念なことです

誰でも使えるためのメディアによる紹介というのは止めて欲しいですねぇ(苦笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150703-00000057-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック