2015年06月19日

沖縄県知事には外交権は無いでしょ!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000066-jij-pol

Yahoo:「沖縄知事、米大使と平行線=「民意は反対」「唯一の解決策」―辺野古移設

沖縄県の翁長雄志知事は19日午前、東京都内の米国大使館で、ケネディ駐日大使と約40分間会談した。知事は、日米両政府が進める米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設について「沖縄の民意は、辺野古に新基地を造らせないことであり、反対だ」と伝達。これに対し、大使は「普天間の継続利用を避けることにつながり、唯一の解決策だ」と反論し、両者の主張は平行線をたどった。
 米大使館の発表文書によると、大使は「辺野古」という地名には言及しなかったが、「翁長知事が訪米した際に米政府高官が述べた(名護市の)キャンプ・シュワブの飛行場建設に対する揺るぎない決意を共有している」と述べ、移設推進の立場を明確に示した。
 知事は会談で、「日本の安全保障は日本国民全体で負担してもらいたい」と述べ、沖縄に集中する米軍基地の負担軽減への協力を要請。大使は「日米同盟に必要不可欠な貢献をしている沖縄に感謝している。地元住民と良好な関係を維持していく」と述べた。 


米大使がどんな人であれアメリカの大使である以上アメリカのために働くでしょうから、そういうことになるでしょうね

沖縄県知事は、日本のためでは無く、支那の犬として支那のために働いているから日本の国民の安心安全のことなんてサラサラ考えてないようなので、こういう破廉恥な行動が出来るわけです
本当に困ったものだと思います

黙らせることは出来ないものかと本当に考えちゃいますね

民意と言えば、誰もが黙ると思っているのかもしれませんが、それが国益を損なうなら反発を食らうでしょうし、
まして沖縄というごくわずかな一部地域の声をもって、国防を左右する問題に口を出すなんてデタラメは止めるべきだ
国防に関してものを言えるのは国の代表だけでしょうが
国政選挙の結果という民意も出ているわけですから

だから民主政権みたいなのがまた出てくると怖いですね
国民一人一人がもっと全体の大きな視点でものを考えられるようにならないと


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000066-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック