2015年06月16日

買う奴がいることに驚く>殺人犯の元少年酒鬼薔薇聖斗→現中年の書いた本が売れる不思議http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150616-00000535-san-soci

Yahoo:「連続殺傷事件の手記「絶歌」が週間売り上げ1位に 販売自粛の書店も

出版流通大手のトーハンが16日発表した週間ベストセラー(7〜13日)で、神戸市連続児童殺傷事件の加害男性による手記「絶歌」(太田出版)が総合1位となった。同書は11日に発売され、版元によると初版10万部。

 同書の販売については書店の対応も分かれ、東京都と神奈川県で38店舗を展開する啓文堂書店では被害者遺族の心情に配慮して、全店で同書を販売しておらず、客からの注文も受け付けていない。また通販サイト「丸善&ジュンク堂ネットストア」では16日正午現在、同書は「現在ご注文いただけません」と表示されている。担当者によると在庫切れの上、版元と連絡が取りにくい状況で入荷の予定がないためという。

 同書の出版をめぐっては、平成9年に男性に殺害された土師淳君=当時(11)=の遺族が同社に抗議し、回収するよう文書で求めている。


ま、古くはテロ集団のオウムに心酔する馬鹿な連中がいたことを踏まえれば
世の中に常識というか、人としての感情が無いクズがいるのはしょうがないと言えばしょうがないのですが、こんなのにも、反省もしない殺人犯の書いた本を売ろうとする出版社、売る本屋、買う消費者がいることに驚きますね

イヤな世の中ですねぇ、ヤダヤダ

そんな中で良識を示した啓文堂書店には敬意を表したいですね

年齢に関わりなく、正当防衛でも無い限り殺人犯は即吊せば良いんですよ!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150616-00000535-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック