2015年06月05日

リストを負ってまでやることじゃないですもんね>航空機内で名乗り出ない医者http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1842679.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「「お客様の中でお医者様はいらっしゃいませんか」←なんと6割の医者が無視することが判明

1 名前: クロスヒールホールド(東日本)@\(^o^)/:2015/06/05(金) 12:40:17.79 ID:2SPkfSaO0.net
医師の意識との関係[編集]
例えば、日本国内の医師に対して行われたあるアンケート調査[7]によると、「航空機の中で『お客様の中でお医者様はいらっしゃいませんか』というアナウンス(ドクターコール)を聞いたときに手を挙げるか?」という質問に対して、回答した医師全員が上記の緊急事務管理の規定と概念を知っていたにも関わらず、「手を挙げる」と答えたのは4割程度に留まり、過半数が「善きサマリア人の法」を新規立法することが必要だと答えたという。

これは国外の航空会社がいわゆるドクターコール時に応じた場合、傷病者が亡くなっても航空会社がその行為を保障すると述べていたのに対し、国内の航空会社では「医師や看護師など名乗り出た者の責任」としていたため、法的責任を問われるリスクから消極的な回答が多いと考えられる。また国際線でも、米国以外では医師の法的責任に関する問題には明確な法律あるいは法律家の間で統一された見解はなく、どの国の法律を適用するのかについてすらはっきりしていない。実際に、上記アンケートでは2/3以上の医師がドクターコールに応じないと思う理由として「法律」を挙げたという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%84%E3%81%8D%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%B3%95


善意で名乗り出たのに、万が一助けられなかったら、訴訟のリスクを負うとかバカバカしくてやってられないでしょ
救急車のたらい回しも同根でしょう?

肥大化した権利意識が、そういう社会にしてしまったんじゃ無いですかね?
無制限に他人の善意にすがるのは良くないのかもしれない


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:飛行機 医者
posted by ! at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック