2015年06月04日

人選ミスである前に、憲法違反だという意見が存在するなら憲法が間違ってますよねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00000061-jij-pol http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150603-OYT1T50101.html

Yahoo:「集団的自衛権行使「違憲」=憲法学者3氏が表明―衆院審査会

衆院憲法審査会は4日午前、憲法学者3氏を参考人として招き、立憲主義などをテーマに意見聴取と質疑を行った。民主党委員から集団的自衛権の行使容認について見解を問われた3氏全員が「憲法違反だ」と明言した。
 招かれたのは早大教授の長谷部恭男氏と笹田栄司氏、慶大名誉教授の小林節氏。長谷部氏は、安倍政権が進める安全保障法制整備について「憲法違反だ。従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明がつかないし、法的な安定性を大きく揺るがすものだ」と批判した。
 小林氏も「憲法9条2項で軍隊と交戦権が与えられていない。仲間の国を助けるために海外に戦争に行くことは憲法9条違反だ」と強調し、9条改正を訴えた。笹田氏は、従来の憲法解釈に関し「ガラス細工で、ぎりぎりのところで保ってきていた」とした上で、集団的自衛権行使については「違憲だ」と述べた。


与党の人選ミスを野党は喜んだというのですが
そういう低俗なことをするから野党は政権を握る資格が無いと思うのです

野党が嘆こうがどうしようが、支那の海洋進出がアジア諸国への懸念材料となり、日本への機体を高めるきっかけになっているわけです
昨日フィリピンのアキノ大統領が
読売新聞:「日本の戦後70年「平和に貢献」…アキノ大統領

「最大限の関心と敬意をもって注目している」と語り、南シナ海問題での日本との連携に期待を
と表明したそうですが
にもかかわらず審議拒否を表明する野党

確かアジア諸国に貢献することを旨としていたような気もしていましたが、実際アジア諸国の一つが期待していると言ったことに応えないのですから野党の想定するアジアは特定アジアだけということがよくわかりますよね

国を守るためにはどうしても武力が必要ですし
母国だけを守っていても駄目というご時世になってきていること
他の国と連携して周辺一帯を守らないと意味が無いということですよね
あの辺の海域を支那に盗られたら、日本の社会は成り立たないわけですから動かざるを得ないでしょう
それを無視して集団的自衛権は駄目だと言っていたら死活問題に直結するわけで、大変困るわけです

集団的自衛権が駄目というなら、アジア諸国へも含めて、それ無しで平和を維持できる手段を具体的に提言して欲しいなぁ
憲法がいつまでも正しいなんてあり得ないし、間違っている以上正すしか無いね
9条が平和に貢献しているとか、夢想するのはそろそろ止めて目を覚ますべきですね
良くも悪くも”米軍の力”で平和は維持されてきたのです
九条は糞の役にも立ってない


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00000061-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック