2015年05月22日

秋田は日本では無いのですか?>ブルーインパルス着陸できずhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150522-00000034-san-l05

Yahoo:「六魂祭のブルーインパルス飛行縮小 秋田空港使えず

東日本大震災からの復興を願って秋田市中心部で開かれる「東北六魂祭」初日の30日に行われる航空自衛隊の飛行チーム「ブルーインパルス」の展示飛行が、福島、山形での飛行より縮小されることが自衛隊関係者への取材で分かった。秋田空港が救難機以外の自衛隊機の着陸を拒否しているため、給油できないことがネックになった。

 関係者によると、ブルーインパルスの展示飛行は午後3時5分から25分まで、県庁第2庁舎前の山王大通り上空を飛行の中心である「ショーセンター」に定め、6機が桜の花を描く「さくら」や2機が巨大なハートを描く「ビッグハート」など、水平旋回飛行を中心に8課目前後を披露する。

 一昨年の福島、昨年の山形の六魂祭では12課目の展示飛行が行われたが、ブルーインパルスの本拠地である松島基地(宮城県東松島市)からの航続距離が、福島(約100キロ)、山形(約80キロ)に比べ秋田は約170キロと長いため、燃料消費の関係で縮小する。

 秋田空港の滑走路を使用する航空自衛隊秋田分屯基地で給油すれば、12課目が可能だが、基地が設置された際に「軍事利用」への反発があり、県と防衛省の協定で救難機以外は使えない。

 予行飛行は前日の29日の同じ時刻に実施する。天候不良の場合は当日の午前10時10分から行う。

 当日はメーン広場の八橋健康広場に自衛隊秋田地方協力本部のブースができ、ブルーインパルスの日高大作隊長ら搭乗しないパイロットによるサイン会が行われる。ドラマ「空飛ぶ広報室」のモデルとして知られる航空幕僚監部広報室の隊員も参加する。


百歩譲って軍用利用が駄目だとしても、ブルーインパルスの飛行が軍事利用になるとは考えられないのですがね

東北の復興は、自衛隊とともにあったと思うのですが違うのですか?
自衛隊ばかりじゃ無いというのは置いておいて、いろいろ助けられてきたのは事実でしょ?
何で後ろ足で泥を引っかけるマネをするのでしょうか?
秋田空港出来た際の過程を知るよしも無いですが、あまりにも阿呆としか思いませんね

日本国内なのに、日本を守る人たちをのけ者にするぶしつけな態度許せません
やっぱり地方に権限を移すのは止めましょう
これよりもっと酷いことが発生して国を守るのが本当に出来なくなってしまいます
馬鹿は沖縄の知事とか大阪の市長くらいだと思ってましたが、底抜けの馬鹿首長はまだまだ居るようです
なんとなりませんかね?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150522-00000034-san-l05


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック