2015年05月13日

こういうことをやっている限り日本サッカーに未来は無いよ!http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150513-00010022-footballc-socc

Yahoo:「故意の暴力行為に処分なし。G大阪・岩下の処分は妥当か? いま一度「フェアプレー」の意味を考える

「肘うち」と「踏みつけ」で違った世間の反応

 ガンバ大阪のDF岩下敬輔のプレーが波紋を呼んでいる。10日の広島戦、相手の清水航平に肘打ちをした。レフェリーは気づかず、試合中のカード提示はなし。サッカーファンが検証動画をアップしてはっきりとその場面が映っていたが、処分は厳重注意にとどまった。果たして、この処分は妥当か? フェアプレーの意味をもう一度考えるべきだ。

その他の写真付き記事『波紋呼んだ岩下の”あの行動”を語る』

------------------------------

 事件は突然起こる。10日に行われた明治安田生命J1リーグ1stステージ第11節、サンフレッチェ広島対ガンバ大阪の56分過ぎだった。

 セットプレーの流れでプレーが途切れ、広島の清水航平が突然ゴール正面に倒れこんだ。プレーとは関係ないところで起こったため当初中継映像には何も映っておらず、誰が何をしてそうなったのか全く分からない状態だった。

 しかし、改めてリプレイが再生されると、G大阪のCB岩下敬輔が清水とすれ違いざまに肘を出していたことが判明する。しかもかなりの強さで、当てた後は倒れていく清水をにらみつけていた。

 この場面は複数のYouTubeユーザーにアップされ、13日現在で合わせて約8万回再生されている。一方で、試合後のテレビ番組で放送される試合のハイライトには含まれず、私が見た限りメディアで検証されることはなかった。

 今年4月初旬に行われた第4節の鹿島アントラーズ対サガン鳥栖での一件を知っている人は、おそらくJリーグファンでなくても多いはずだ。

 詳細は省くが、鳥栖のキム・ミンヒョクが鹿島の金崎夢生の顔面(映像ではそう見える)を踏みつけたあのシーンは、地上波のワイドショーでも取り上げられるなど、大きな波紋を呼んだ。日頃サッカーを観ない筆者の両親ですら当事者の名前を知っているくらいなので、多くの人が目にしたことだろう。

 先のキム・ミンヒョクは、試合中は警告にとどまったものの、後日規律委員会にかけられて4試合の出場停止処分が科された。本人が鹿島のクラブハウスを訪問して金崎に謝罪し、笑顔で和解した写真が公開されて騒動は終結した。


岩下への処分は妥当か。いま一度検証の機会を

 では、今回はどうだろうか。メディアで取り上げられることはなかったが、さすがに処分はあっただろうと思い、12日にJリーグが公表した次節の出場停止者一覧を確認する。上から順に名前を追っていくが、そこに岩下の名前はなかった。

 その夜、G大阪が1本のリリースを公式HP上に掲載した。そのタイトルには「岩下敬輔選手の行為についてのお詫び」とある。ここでほぼ察した。

 そして内容は岩下が清水に肩と肘をぶつけたのを認めたうえで“クラブが”謝罪し、“Jリーグとクラブから”厳重注意を行ったというものだった。

 Jリーグの規律委員会が行われた12日、岩下は上京して直接事情聴取まで受けている。それにも関わらず出場停止処分もなければ、厳重注意とクラブからの謝罪のみで、本人からの謝罪などは一切ない。

 本当にこれでいいのだろうか。

 岩下にはAFCチャンピオンズリーグの広州富力戦でも相手FWにプレーと関係のないところで蹴りをいれた疑惑が持ち上がっている。清水エスパルス在籍時代には対戦相手の選手に喉輪を喰らわせた前科もある。

 今回の一件もキム・ミンヒョクの踏みつけと同等かそれ以上の悪質さに違いない。なぜ明確な処分が何もなかったのか、検証しなければならないだろう。岩下は広島戦の試合前整列時、相手のキャプテン・青山敏弘と握手しなかったのではという疑いもある(青山自身は元チームメイトで現在ロアッソ熊本所属の原裕太郎のツイッターで「見え方の問題、握手してますよ」と否定している)。

 規律委員会内部で何があったのか、我々には想像するしかできない。だが、あそこまではっきりと映像に残っていながらお咎めなしは不自然だ。

 Jリーガーは子どもたちに夢を与える存在であるはずだ。もちろん大人も彼らのプレーを見て元気をもらっている。今回の岩下の行為はそれらすべてを裏切るものではないか。

「臭いものにはフタをする」とでも言おうか。はっきりさせないまま終わらせるのは最悪だ。もちろんこれは「汚い選手」というイメージのままプレーする岩下本人の名誉のためにも、日本サッカーの未来のためにも。

本物の「フェアプレー」とは何か

 サッカーには「マリーシア」という言葉がある。ポルトガル語で「ずる賢さ」という意味だが、日本人選手にはよくこれが足りないと言われる。だが、この言葉には「機転」や「知性」といった意味もあり、決して悪い意味ではない。

 この言葉の使い方を間違っている日本人が多いのではないか。駆け引きのうまさや、相手のわずかな隙を突くのが本来の「マリーシア」で、ルールの範疇にあるサッカーの魅力だ。「勝つために何でもする」という意味でこの言葉を理解しているのなら、それはただの「ずる」で、「賢さ」ではない。

 岩下の行為はまさに「ずる」だ。擁護する余地は全くない。審判に気づかれなければ、勝つために何でもしていいということは断じてない。

 Jリーグの村井満チェアマンは就任当初から以下のような「三つの約束」を掲げている。

1.笛が鳴るまで全力プレー
2.リスタートを速く
3.見苦しい交代をやめる

 これらは古参のファンから「試合をつまらないものにする。時間稼ぎも勝つための手段だ」と大きな批判を浴びた。しかし、これは強要されるわけではないし、あくまでアクチュアルプレーイングタイム(ボールがピッチ内で動いている時間)を増やそうという試みだ。

 その一方で、別の側面も意識させる。それは本物の「フェアプレー」とは何たるかをもう一度考えよう、というJリーグからの提示だ。勝つためならセルフジャッジで審判を誘導したり、セットプレーに時間をかけたり、必要以上に判定に抗議したり……といった行為を常にしていいというわけではない。

 今回の一件は、多くのサッカーファンに「フェアプレー」とは何たるかを改めて考えさせてくれる機会になったことだろう。もちろん岩下は批判されてしかるべきで、Jリーグ内部以外に何かしらの検証が行われるべきだった。

 これを読んで初めて事態を把握した人もいるに違いない。この一件やこのコラムが、多くの人にとって「フェアプレー」とは何か、もう一度考えるきっかけになれば幸いだ。


試合開始前とかに行われるフェアプレー宣言が聞いてあきれますね
こんなことをやっている限り有名無実でしかないし、これで良いのかと思っているのなら競技人口は知らないけど、観客は増えないでしょうね

悪いことは悪いと、きちんとジャッジできないならその競技への印象をひたすら下げるだけなのできちんと審判すべきだ


それから、審判もしっかりと目を離さないようにできないものだろうか?
審判が見てないからお咎め無しという風土を改めるためにも審判のあり方を改めることは出来ないか?
主審が見れないなら線審、線審が駄目なら他の形で不正を見逃さない厳しい姿勢も欲しい

まぁ規律委員会がだらしがないからJリーグ自体もだらしがないと見ても差し支えなかろう
情けない話ですが


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150513-00010022-footballc-socc&p=1


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック