2015年04月28日

一票の格差を人数割りで判断していたら、政治は良くならないと思いますhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000027-mai-soci

Yahoo:「<1票の格差>岡山は「違憲状態」 選挙無効は棄却

◇広島高裁岡山支部判決 岡山県5選挙区の判断

 「1票の格差」が最大2.13倍だった昨年12月の衆院選は憲法が保障する法の下の平等に反するとして、弁護士グループが岡山県の5選挙区の選挙無効を求めた訴訟の判決で、広島高裁岡山支部(片野悟好=のりよし=裁判長)は28日、衆院選の区割りが違憲状態だったとの判断を示したが、選挙無効の請求は棄却した。原告の弁護士グループは上告した。

 1票の格差をめぐっては、二つの弁護士グループが全国の高裁・高裁支部に17件の訴訟を起こしており、この日が最後の判決だった。これで、「合憲」の判断が4件▽「違憲状態」が12件▽「違憲」としながら影響の大きさを考慮して無効とはしなかったもの1件(3月25日福岡高裁)−−となった。今後、最高裁大法廷が一連の訴訟をまとめて判断を示すとみられる。

 この日の判決で片野裁判長は、区割りについて「最大格差が2倍を超えるのは投票価値の平等に反し違憲状態」と判断したが、国会が小選挙区の定数を「0増5減」したほか、昨年6月から有識者による選挙制度調査会が是正に取り組んでいる点などを評価。「合理的期間内に是正がなされなかったとはいえない」とし、違憲とは判断しなかった。

 片野裁判長は岡山支部の裁判長として12年衆院選、13年参院選の「1票の格差」を巡る訴訟で、ともに「選挙無効」の判断を示していた。


クソ弁護士が、政治への影響力を作るための必死の工作といったところでしょうけど
こんなことをしても政治が変わる可能性は少ないし、むしろ迷惑なだけだと思いますけどね

とにもかくにも人数で平等かどうかと言うことにこだわっていたら、結果として人口が多い都会が有利になり、地方から輩出できる議員が減るばかりで何にも良いことは無いということについてはどう考えるのかしらね?
選挙を無効にしたい一心でやっていることが、結果として国民にとっては不利益を作ってるだけということに気がついて無駄な行為は止めて欲しいものだと思います

まぁクソ弁護士達は、日本国民の安心安全のためにやっているのでは無く、反日行為の一環でやっているので止めないでしょうけどね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000027-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック