2015年04月20日

#JAXA では、これが限界では?>月へ無人探査機http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00050073-yom-sci

Yahoo:「日本初の月面着陸計画…無人機3年後打ち上げ

宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))が、月面着陸を目指す日本初の小型無人探査機を2018年度にも打ち上げる計画を進めていることが、わかった。

 無人探査機の月面着陸は旧ソ連、米国、中国に続くものになる。月面探査は、将来の宇宙探査の中心になる火星探査への足がかりとして期待されており、その実現に向け、高精度の軟着陸技術を確立したい考えだ。

 固体燃料を使う新型ロケット「イプシロン」に、探査機「SLIM(スリム)」を搭載し、18〜19年度中に打ち上げる計画。JAXAは20日午後、文部科学省などの有識者会議で、計画を示す。政府の宇宙政策委員会で認められれば、文科省が来年度予算の概算要求に関連経費を盛り込む見通し。開発費は100億〜150億円と見込まれている。

 過去の月探査では、探査機の着陸が目標地点から数キロ・メートル程度ずれていたが、SLIMは目標地点との誤差を100メートル程度にとどめて軟着陸することを目標にする。日本は2007年に月を周回する探査衛星「かぐや」を打ち上げ、クレーターなど月面の様子の撮影に成功している。SLIMは、着陸の直前に月面を撮影し、地形から自らの現在地を特定するほか、かぐやのデータも活用しながら、着陸位置の精度を高める。


技術的には、いずれ有人でも可能になるとは思いますけど
日本は、人に何かしらの危害が加わるような事態を避ける傾向がかなり強いので、有人飛行にはたくさんの反発が集まると思いますし、強行して事故が起き、亡くなる人が出たらJAXA潰されると思います

アメリカはかなりの人死にが出たけど、続けた
日本には、それは無いという印象が強いです

原発に対する反発の強さがそれを物語っていると思いますね

そうそう、その辺は科学知識の不足も影響している?
宇宙空間が清浄とかいった放射脳もいたけど、月への飛行だとどのくらい被曝するかな?
ISSの高さで一日の滞在で半年分被曝するといいます
ヴァンアレン帯を出たら、もっと激しい放射線を浴びることになりますけど、どうしますかね?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00050073-yom-sci

ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然:科学化学関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック