2015年04月05日

決定事項をひっくり返すだけの対案を持ってこなければ駄目でしょ?翁長君http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150405-00000006-ann-pol

Yahoo:「初会談… 「第一歩」菅長官vs「問答無用」翁長知事

沖縄県を訪れている菅官房長官が翁長知事と初めて会談し、普天間飛行場の名護市辺野古への移設について協議しました。会談が終わったばかりのホテル前から報告です。

 (政治部・水頭洋太記者報告)
 那覇市内のホテルで、約1時間にわたって会談が行われていました。
 菅官房長官:「最重要なのは普天間飛行場の危険除去。辺野古移設を断念することは、普天間基地の固定化にもつながる」
 翁長沖縄県知事:「官房長官が『粛々(と進める)』という言葉を何回も使われる。僕からすると、問答無用という姿勢が埋め立て工事に関して感じる」
 菅長官は、普天間基地を辺野古に移設することで海兵隊員を半分に減らせるなど、負担軽減が実現すると理解を求めました。また、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の沖縄への誘致など、振興に取り組む姿勢を強調しました。これに対して、翁長知事は「辺野古の新基地は絶対に建設できない」としたうえで、沖縄県の民意に耳を傾けるべきだと主張しました。会談終了後、菅長官は5日の会談が第一歩になったと評価したのに対して、翁長知事はもっと早く話すべきだったと不快感を示しました。


早く話すべきであったと不快感とか
大笑いでしょ?政府に対してアポイントも取らずに押しかけていって、会ってもらえないとか文句を言うだけのクズ野郎が。しょうがないなぁと会ってくれてもまだ文句を言うとか人として終わっているような印象

それと、基地の移転は決定事項だったわけで、それをひっくり返すならそれなりの対案を示すべきでしょう
少なくとも支那の侵略という現実の脅威に対して基地は国外へという非現実的な考えは除くべきですよ
軍事力無くして支那の侵略に対応できるなんて、普通の人は考えていませんから

加えて、沖縄県の民意を大事にしろといっても、国防問題については国が全体を鑑みて判断すべきことであり、沖縄だけの問題ではありません

侵略に対するのは、国がやるべきことで地方が口を挟んで邪魔をするのは駄目だと思います
そういう問題に対して知事やら何やらが反発を示すのは止めにすべきじゃ無いでしょうか?

そして、国政に対しては自民党が支持されているわけで、それが優先されるのは当然でしょう
何かの拍子で民主政権が出来てしまいましたが、何とか潰すことが出来て国を守る手段を失わずに済んだのは幸いでした

そもそも、翁長って人はどこを見て政治をしているのでしょうかねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150405-00000006-ann-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック