2015年03月05日

橋下維新による恫喝、言論弾圧>橋下の専制政治はどこまで?http://www.sankei.com/west/news/150305/wst1503050026-n1.html

産経新聞:「橋下氏が藤井教授のテレビ出演を牽制=u政治活動している」 維新が各局に出演自粛を要請

維新の党の看板政策「大阪都構想」をめぐり、内閣官房参与の藤井聡京都大大学院教授が反対の立場で中立性に欠ける発言をしているなどとして、同党がテレビ各局に出演を自粛するよう要請する文書を送っていたことが5日、分かった。

 同党最高顧問の橋下徹大阪市長は自ら指示したことを認めた上で、「藤井氏は反対派のタウンミーティングに参加するなど政治活動をしている。選挙が近づいてきているので、メディアも報道の自由を言うのであれば自ら律して中立性を保たないといけない」と語った。

 文書は松野頼久幹事長名で送られ、藤井氏の番組出演は「都構想に反対している政党や団体を利することになる」とした。

 藤井氏は「当方は賛否などの政治的呼びかけはしない。学者としての所見を申し上げているのみ。そもそも放送法は、意見が対立している場合には多面的論点が必要とうたわれているはずだと認識している」と反論している。


京大にまでちょっかい出しているそうですね
どこまで悪辣なんでしょう?
気に入らない意見は、とにかく表に出さないようにするとか
とても民主政治に関わっているとは言えません
先日も広報の出版を停止させたんですよね?

大阪市民はとにかく投票に行って、否決するように頑張って欲しいところです
こんな連中に都構想を好き勝手に進めさせてはいけないです

改革の担い手とか、なにか良いものを感じている人がいるようですけど
そろそろ目を覚まそうよ
橋下は民主主義の政治家ではありませんね
支那の共産党とか、そういうのがお似合いの外道


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(橋下徹とか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック