2015年02月26日

経験を積んだら、この人が次の総理でもいい>稲田政調会長の発言http://www.sankei.com/politics/news/150226/plt1502260033-n1.html

産経新聞:「自民・稲田政調会長「安倍首相は歴史修正主義ではない」「東京裁判は法的に問題」

自民党の稲田朋美政調会長は26日のBS朝日の番組収録で、先の大戦後に東条英機元首相らが裁かれた東京裁判(極東国際軍事裁判)について「指導者の個人的な責任は事後法だ。(裁判は)法律的に問題がある」との認識を示した。戦後に公布された東京裁判所条例に基づく裁きは、事後法にあたるとの考えだ。

 稲田氏は「東京裁判判決の主文は受け入れている」と述べる一方、「判決文に書かれている事実をすべて争えないとすれば(われわれは)反省できない。南京事件などは事実の検証が必要だ」とも指摘し、戦後70年を機会に改めて歴史を検証するよう求めた。

 歴史認識をめぐる安倍晋三首相の言動が中国や韓国から「歴史修正主義」と批判されていることには「歴史修正主義というのは、あったことをなかったと自己正当化することだ。本当にあったことをあったこととして認め、生かしていくのは決して歴史修正主義ではない」と述べた。


正論
それに尽きますね
第一東京裁判の判事の一人が、すでに同様の指摘をしていたわけで、問題があれば指摘するのは当たり前のこと
修正主義とかそういう問題では無いでしょう
何が何でも日本が悪で無ければ行けないと考える人たちからしたら都合が悪いのでしょうけど
この様な指摘がどんどん出るのは良いこと
戦後の膿は、早く出し切ってしまいたい。その総仕上げが安倍談話であって欲しいと願います


それにしても昨今インドでの性犯罪の報道が増えてますけど、過去触れたことがほとんど無かったのに急に報道されるようになって不思議に思ってましたが
この一件で自分なりに解決。日本にある意味救済の手をさしのべようとしていた人がインド国籍だということだし、親日国だし、なんとしてでも貶めたい相手であるわけですよね、支那朝鮮からすれば!


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック