2015年02月23日

片親の一方的な言い分なら認めたらいかんですよねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000002-mai-soci

Yahoo:「<福岡家裁>面会拒否で親権変更「父と交流実現のため」

離婚などが理由で別居する親と子供が定期的に会う「面会交流」を巡って、離婚して長男(7)と別居した40代の父親が、親権者の母親が拒むため長男と会えないとして、親権者の変更を申し立てた家事審判で、福岡家裁が父親の訴えを認め、親権者を父親に変更する決定を出していたことが分かった。虐待や家庭内暴力が理由で親権者の変更が認められるケースはあるが、面会交流を理由にした変更は極めて異例。

 決定は昨年12月4日付。家裁は「父親と長男の関係は良好だった。円滑な面会交流実現のためには親権者変更以外に手段がない」と判断した。

 審判などによると、夫婦は関東地方に住んでいた。父親が2010年3月、東京家裁に離婚調停を申し立て、双方が長男の親権を求めた。別居し、調停中は1週間交代で長男と同居して世話(監護)することで合意したが、11年1月以降は母親が長男と住み、父親は月3回、長男と面会できるよう協議で変更した。ところが、長男が次第に面会交流を拒むようになった。

 母親は11年4月、長男と福岡県内に転居。11年7月、月1回の面会交流を条件に母親が親権者となり調停離婚が成立した。しかし、面会できなかったため父親が12年9月、親権者変更を福岡家裁に申し立てた。【鈴木一生】

 ◇子に何が良いか「慎重に判断を」

 離婚などで子供と離れて暮らす親が、面会交流を望んで家裁に調停を申し立てるケースは年々増加している。最高裁によると、昨年の申立件数は1万1312件で、10年前の約2.5倍。

 一方、面会交流を認めるかどうか、慎重に判断すべきだという意見もある。

 今回の審判で男性の代理人を務めた清源(きよもと)万里子弁護士(大分県弁護士会)は「家庭内暴力や虐待など、子供にとって面会交流がよくないケースもある。子供に何が一番良いか、両親双方の代理人や家裁調査官などがきめ細かく調べて判断するのが重要だ」と指摘している。

 【ことば】親権と面会交流

 親権は未成年の子供を養育する親の権利義務で、監護(監督・保護)や教育、財産管理などに範囲が及ぶ。民法は離婚した場合はどちらか一方が親権者になると定めるが、事情によって親権者と別に監護者を決め、親権者が財産管理、監護者が子供を養育する場合もある。面会交流は離婚などで子供と別居する親が、同居する親との間でルールを決め定期的に子供と会うこと。家庭裁判所に調停を申し立てることもできる。


最初は子供が面会を喜んでいて、だんだん交流を拒むようになったら同居している母親による洗脳が考えられるかなぁと
でなければ、父親に親権を移すことも無いと思いますね
勝手に親権を移されてかわいそうというのは、少々行きすぎの見方かなぁと思いました
父親が子に対して常に暴力的と限らないように、母親が常に子供の味方ということも無いでしょう
まぁ、裁判官の判断を信じるなら、ですがね
この記事だけで判断するのはやっぱり良くない

暴力などによって離婚したなら、ともかく
そうでもなければ、たいていは親の身勝手による離婚なのですから子供に対して最大限の配慮がなされるように本人も努力すべきだし、周囲も強く勧めるべきじゃ無いのかなと思います

夫婦になって子が出来たなら、最大限(成人するくらいまでは)子供のために生きるべきであり、自らの自由が侵害されるように感じても甘んじて受け入れるべきじゃ無いのかなと思いますね
離婚するとか不逞も良いところです。親の人生<子の人生 じゃない?
それに子は親のオモチャじゃないし

そんな感じ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000002-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:面会 離婚
posted by ! at 20:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック