2015年02月22日

国防に関することは、国が決めることであって、そこの住民が決めることでは無い>与那国で陸自配備の住民投票http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150222-00000011-jij-pol

Yahoo:「陸自配備の是非問う=沖縄・与那国で住民投票

日本最西端の島の沖縄県与那国町で22日、陸上自衛隊の沿岸監視部隊配備の是非を問う住民投票が行われた。即日開票され、夜に結果が判明する見通し。結果に法的拘束力はないが、外間守吉町長の対応に影響を与えそうだ。
 同町の人口は約1500人で、有権者は永住外国人も含む中学生以上の1276人。投票率は85.74%だった。
 投票は、賛成、反対のいずれかに丸印をつける方式で行われ、問われたのは、沿岸監視部隊約150人と沿岸監視レーダーの配備の是非。防衛省は南西諸島の防衛強化の一環として2015年度中の配備を目指している。与那国町がある与那国島は尖閣諸島から約150キロの位置にあり、防衛省は監視部隊を通じ、航空機や船舶の動きを把握する狙いだ。
 選挙戦で賛成派は、部隊が配備されれば人口が増え、税収増や活性化につながると主張。反対派は、レーダーの電磁波による健康被害などを訴えた。 


国益に関することを、一部地域の住民の意思で決められたらたまったものでは無いでしょう
特に国防に関することなど、一部地域の民意が最優先されることがあってはならないです
あくまでも国の判断で実行されるべきです
だから沖縄の県知事が反対派で決まったからと言っても関係ないし、この与那国の住民投票もいずれの結果であっても関係なく、国は国防を強化するために行動すべきであると考えます

こういうことが地方分権とかそういうことに任されたら困りますよねー
一部地域が反日国と仲良くしますとか決定されて、それがまかり通ったら、そこから国が崩れますがね

地方はやっぱり国の出先機関レベルの存在で十分です

ところでなんで永住外国人に投票する権利があるの?おかしいでしょ?
外人が日本の政治に参加するなんておかしい、異常だ
やっぱりこんなものを認めてはいけない


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150222-00000011-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック