2015年02月03日

立ち入り禁止とか断固たる準備を!>葬式鉄の撲滅をhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150203-00000118-san-soci

Yahoo:「「葬式鉄」大阪駅に殺到? 「トワイライト」最終日3月12日を警戒 

マナーや常識が問われる鉄道ファンの迷惑行為が後を絶たない中、関西で鉄道関係者が警戒する「Xデー」が迫っている。豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」(大阪−札幌)の引退。切符が取れないほどの人気列車だけに、3月のラストランには廃線や列車の廃止となる日に現れる「葬式鉄」と呼ばれるファンが、駅に殺到するとみられているのだ。これまでも各地で騒動を引き起こしている一部の葬式鉄の暴走をどう食い止めるのか。(大竹直樹)

 ◆「祭り」の感覚で

 「ラストランは相当な荒れ模様になる」。東京都内で鉄道イベント会社を営む40代の男性は、トワイライトエクスプレスが最後にJR大阪駅を出発する3月12日に必ず何かトラブルが起こると言い切る。

 非日常の優雅な移動時間を楽しむ列車でもある寝台特急。特にトワイライトエクスプレスは、シャワールームやソファを備えたスイートルームに、フランス料理を楽しめる食堂車や日本海の景色を眺められる展望サロンカーを連結。「走る豪華ホテル」と呼ばれる。

 鉄道アナリストの川島令三氏は、鉄道ファンの中でも「列車が廃止されるときに大騒ぎする『葬式鉄』と呼ばれるファン」に警戒の目を向ける。祭りに参加する感覚でラストランを見送りに来る人だとし、「何かトラブルが起こるかもしれない。最後くらいは静かに見送ってほしいが…」。

 JR西日本も警戒を強めており、駅ホームの安全を保つとともに、不測の事態にも対応できるよう通常より多くの警備員を配置する方針だ。

 葬式鉄の一部はこれまでも各地で暴走している。

 ◆罵声大会と揶揄

 「邪魔だ!」「フラッシュたいてんじゃねぇよ!」−。ラッシュ時を上回る超満員の駅ホームに、怒声や甲高い叫び声が飛び交う。昨年3月に引退した寝台特急「あけぼの」(上野−青森)の運転最終日に、JR大宮駅(さいたま市)で一部のファンが騒ぎだしたのだ。

 その様子がインターネットの動画投稿サイトに投稿され、ネット上では「罵声(ばせい)大会」と揶揄(やゆ)された。良心的なファンからは「マナーを守っている鉄道ファンまで白い目で見られる」「同じ鉄道ファンとして恥ずかしい」と批判されている。

 昨年10月にもJR上尾駅(埼玉県上尾市)で起き、警察官が臨場する騒ぎに。駅員や警備員、関係のない一般の乗客にも罵声を浴びせる人々…。投稿された動画には「なんだこの野郎、てめぇ」といった怒声が飛び交う中、ロープを手にした女性駅員らが「すみません、ちょっとどいてください」と声を張り上げ、懸命に収拾しようとする姿が写っている。

 新潟青陵大大学院の碓井真史教授(社会心理学)は「何かにのめり込む人の中には、頭が良く知識は豊富でも、一般常識や社会性に欠ける人がいる。集中力が高すぎて周囲が見えなくなる人は昔もいたが、現代は公共心というのが重視されなくなっている」と話す。

 ◆自浄作用に期待

 鉄道ファン人口は実に200万人ともいわれる。迷惑行為に及ぶファンはごく一部だが、今後もトラブルや事故が相次げば、最悪の場合、駅ホームでの撮影に制限がかかったり、イベント列車の運行がなくなったりするかもしれない。

 鉄道愛好家でつくる「鉄道友の会」の大庭幸雄事務局長は「撮影時に事故が起きたらこの趣味は成り立たない。ファンとしても鉄道の安全を守るのが当然。鉄道会社には絶対迷惑をかけてはいけない」とファンによる自浄作用に期待する。


駅構内への乗客以外の立ち入りを禁止するとか(無茶か)
三脚、一脚の使用の禁止とか
思い切って撮影しにくいように、運転士の迷惑にならない程度に照明を明るくしておくとか
葬式鉄の思い通りにならないような処置をしたらどうかと愚にもつかぬ事を考えてみる

とりあえず警備員を多数配置して、暴動が起きないようにしておくことは最低限必要でしょうね
公共心が無い連中が多すぎます

駅構内だけではなく、一般私有地に勝手に入り込んだり、その上に勝手に草を刈るとか身勝手な行動をする者もいるとき聞きます。十分犯罪行為ですよ。厳しく当たるべきです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150203-00000118-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック