2015年01月08日

立場にふさわしい扱いを受けているだけでは?>沖縄県知事http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150108-00000007-ryu-oki

Yahoo:「農相、知事面会を拒否 安倍政権「冷遇」際立つ

上京中の翁長雄志知事は7日、サトウキビ関連交付金の要請のため面会を求めていた西川公也農相とは会えなかった。農林水産省が日程を理由に県に断った。一方、西川農相は同日、県さとうきび対策本部長の新崎弘光JA沖縄中央会長や西銘恒三郎衆院議員ら地元自民党議員らの要請には応じた。例年行われる要請ではこれまで仲井真弘多前知事が同席しており、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する翁長氏との対話を事実上拒否した形だ。翁長知事に対する安倍政権の冷遇が際立っている。
 翁長氏は昨年末に就任後初めて上京した際、山口俊一沖縄担当相と会談した以外は閣僚に会えていない。県によると昨年12月に農相との面会を依頼し、JAの要請に同席を求めていたが、農水省は「大臣の日程が取れない」と回答した。
 県は農相がJAや西銘氏らと会ったことを受け、東京事務所を通して7日も日程調整を依頼したが、実現しなかった。また自民党県連を通して同党本部の野菜・花卉(かき)・畑作物等対策小委員長らとの知事面会も求めていたが、県連が断った。
 翁長氏は7日、西川農相と面会できなかったことについて「今の状況を県民や本土の方々にご覧になっていただき、それぞれ考えていただければいいのではないか」と語った。
 一方、西銘氏は記者団に対し「私たちは衆院選で(翁長氏と)激しく戦いつぶされた側だ。政党との関係をしっかりしてもらわないと勝手に動くわけにはいかない」と述べ、自民党本部や県連との関係を翁長県政が修復しない限り、協力は難しいとの考えを強調した。
 県は7日、事務方を通じて農水省にサトウキビ生産振興対策など6項目の要望書を提出した。


喧嘩を売っておいて、扱いが酷いとか
バカじゃ無いですか?

相手から譲歩を引き出すなら、自身もそれなりの譲歩をするのは当たり前
言いたいだけ言って、お前言うことをきけでは相手にされないのは当たり前
沖縄の知事は、まともに人付き合いがしたこと無いのかしらね?

振興費が欲しいなら基地移転に協力すべきでしょ?
何もしないで援助をお願いしますというのは、ガキ以下の言い分ですよ

このまま平行線なら普天間基地はそのまんまになるだけ
沖縄県の位置は支那という凶暴な連中を抑えるためにたがを貼らなければならない部分
本当なら日本軍が防衛すべきですが、未だにそれを持つことが出来ないために代わりに米軍にお金を払って居て貰っているようなもの
米軍が居なければ、チベットや東トルキスタンのように暴虐の限りを尽くされるだけ
女性は暴行され支那人の子を産まされる、男は殺されチベット民族は支那人によって消されようとしています。そんな未来絵図が欲しいなら勝手にすれば良いと思います

とにもかくにもこんなバカが地方の首長になれてしまう昨今
地方の自治だの主権だのと、そんなものを認めたら支那だ朝鮮に入り込まれて
内部から潰されるのが落ちです
実際沖縄は崩されてきているわけですがね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150108-00000007-ryu-oki


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:沖縄県
posted by ! at 19:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック