2015年01月01日

国による本格的な支援が必要>少子化進むhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00000011-jij-pol

Yahoo:「赤ちゃん最少100万人=14年推計、人口減も更新―厚労省

2014年に国内で生まれた日本人の赤ちゃんは100万1000人と、これまでで最も少なかったことが31日、厚生労働省の人口動態統計(年間推計)で分かった。死亡数は戦後では最多の126万9000人。出生数を差し引いた人口の自然減は26万8000人となり、減少幅は過去最大を更新した。
 出生数は前年より2万9000人減少し、4年連続で最少を記録。100万人台は維持したが、確定数では下回る可能性もある。死亡数はほぼ横ばいだが、出生数の落ち込みが大きく人口の減少幅は拡大した。
 結婚は前年より1万2000組少なく、戦後最少の64万9000組。離婚は9000組少ない22万2000組だった。死因は例年同様、がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患が上位を占めた。


財政出動をして、仕事を作るなどしたり、結婚出産、子育てへの財政だけに限らない支援体制を早く作るべきです
働いている女性が輝いているなんて愚かしいことでは無く、しっかりと子育てをしている夫婦が一番輝いているとするべきでは無いですか?

病気とかそういう理由で産めない方は除いて、いつまでも独身でいたり子無し夫婦ははっきり言えば反社会的な行為として咎めるべきでしょう。しかし、そういう国による統制は許さないという人もいるでしょうけど、そんなことを言っていたら将来社会基盤は崩れて、まともな生活が出来なくなるばかりでよろしくないと思うんですけどね

極度の行きすぎた個人主義、そして収入の不安定化が少子化をもたらしたと自分は考えます。行きすぎた分の個人主義は取り消されるべきだし、収入不足は景気回復が遅れていますから財政出動させるしか無いでしょう。赤字がとか言っている場合じゃ無いでしょう。社会が安定し、税収がしっかりしてくれば十分回復できる話だと思いますね!

人がいなければ、食料を生産する人、インフラを支える人などなど各役割に関わる人が減るわけですから、それだけ社会を支えることは金銭的にも技術的にも出来なくなると想像します。さすれば現代社会を支えているいろんな技術も縮小せざるを得ず最悪医療もかなり前のレベルにまで落ちるのでは?それでも良いというなら話は別ですが・・・

子を産む産まないは個人の勝手かもしれませんが、それが社会のレベルを左右する結果につながることを考えたらおいそれとは言えないと思うのです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00000011-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:少子化 財政出動
posted by ! at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック