2014年12月28日

製造が波に乗れば,景気回復にもつながりますね>国産戦闘機(実験機)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141228-00000032-jij-pol

Yahoo:「国産戦闘機が初飛行へ=国際共同開発も視野―防衛省

戦後初となる国産戦闘機の開発に防衛省が本格的に乗り出す。三菱重工業に研究開発を委託している試験機は、計画通りにいけば来年1月中旬に初飛行する。防衛省は2015年度から性能試験を実施し、実用化の可否を18年度までに判断する方針だ。同省幹部は「国産戦闘機は長年の悲願。何としても実現したい」と熱意を示す。
 試験機は全長約14メートル、幅約9メートル、高さ約4メートル。炭素繊維でできた電波吸収素材を機体に用い、レーダーに映りにくいステルス性能を備える。心臓部に当たるエンジンはIHIが開発した。
 日本は1980年代、戦闘機F2の単独開発方針を掲げたが、最終的には米国の主張が通り、日米共同開発となった。防衛省関係者は「日本が開発に成功すれば軍事的優位が脅かされると米国は恐れたようだ」とみている。
 その後、中国の台頭などで安全保障環境が激変したこともあり、航空自衛隊幹部は「いつまでも海外に戦闘機開発を頼るわけにはいかない」と日本単独の開発に意欲的だ。防衛省は2009年度に研究に着手し、14年度までに総事業費392億円をつぎ込んだ。15年度予算の概算要求には単年度で過去6年分を上回る412億円を盛り込み、開発を大幅に加速させる構え。
 防衛省が国産戦闘機の開発に執念を示す背景には、国産機をベースに将来的な国際共同開発につなげたいとの思惑もある。「最低でも5000億円」とされる多額の開発費を調達するため、共同開発は世界的な潮流だ。新たな防衛装備移転三原則により、軍事技術や部品を他国に提供することも可能となった。
 「国産機開発の経験や技術があれば、日本が主導権を持った共同開発ができる」。政府関係者は、初の国産戦闘機の実用化に取り組む理由をこう説明した。 


いいですね!
細かいことはわかりませんけど
製造が波に乗るようになれば機密部分は知格として,製造業の下請け会社などにも流れていくでしょうから景気回復にもつながるので良いことじゃないでしょうか?
戦闘機とかに限らず、いろんな軍需品が国内製造で頻繁に行われれば、なかなか仕事が回ってこない製造下請けなんて諸手を挙げて歓迎するのでは?

そんな単純じゃ無いかもしれませんけど国が主導で景気回復を行うにはちょうど良い材料では無いかと思うのです
自衛隊員の制服だって,国内でなかなか仕事が無い被服産業に回したら良いと思うんですよ
隊員の命を守る大事な制服、国内の優秀な製造メーカーに任せるべきです
もちろんユニクロとか安いのは駄目ですよ

働く人の人件費を考えれば原価が高くなるのは当たり前
それに見合うお金を払うのは当然だし,それによって製造技術が高いレベルで保たれることにもなります
安かろう悪かろうでは駄目に決まってます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141228-00000032-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:戦闘機 製造業
posted by ! at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック