2014年12月03日

はやぶさだけが目立ってしまっているのも問題かもねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141203-00000082-jij-sctch

Yahoo:「「次」見通し立たず=はやぶさ2

小惑星探査機「はやぶさ2」を載せたH2Aロケットは無事に打ち上がり、6年間約52億キロに及ぶ大航海に乗り出した。新たな挑戦は始まったばかりだが、はやぶさ2の「次」の探査機の見通しは立っておらず、初代が切り開いた日本の貴重な強みが失われる瀬戸際に立たされている。
 中国やインドなど宇宙開発に参加する国が増える中、月や小惑星などの将来の資源利用をめぐり、新たな秩序形成の議論が進むことが予想される。一方で、国際協力による宇宙探査が計画されるなど、宇宙開発は「競争と協力」の時代に入った。小惑星探査のように日本が得意分野で技術的優位を保つことは、秩序形成の議論においても国際的な発言力の維持につながる。
 しかし、改定が進む国の宇宙基本計画では、安全保障と産業振興が前面に打ち出され、宇宙探査や科学分野の地位低下が懸念されている。目先の需要確保も当然重要だが、先進的技術に挑戦する機会があまりに失われれば、長期的な技術力の維持と発展は困難にならざるを得ない。
 初代はやぶさの責任者を務めた宇宙航空研究開発機構の川口淳一郎教授は、「真正面から国が防衛や産業を言い出すと、対立しか生まなくなる。科学技術は対立を緩和する手段になり、そうした国際貢献の仕方もある」と指摘する。
 国民的な関心の高いはやぶさ2の打ち上げが、宇宙開発の在り方を問う機会につながることが期待される。


政治的な問題もありましょうけど
それ以前に理科の知識の少なさもあるかもしれませんね
もっと科学や技術の素養を持った人間を多くしないと、こういう宇宙開発に興味を持って行動する人が増えなくて、にっちもさっちもいかなくなってしまうのでは?

はやぶさに関しては萌の要素で興味を持つ人とか頑張ったからとかドラマ的な要素で興味を持つ人少なくないようですが、もっとはやぶさの成し遂げた技術的な内容、科学的な意味合いについてももっと興味を持てるような紹介の仕方、またそれを受け入れられる知識を持った人が増えないといけないんじゃなかろうかと考える次第

学校での理科教育、数学の教育の強化をして欲しいものだと思います

そういう人が増えれば、もっと宇宙開発の幅は広がるだろうし、やれることも増えるんじゃないかと思います
何よりも国が豊かじゃないとこういう基礎研究にお金が出せないので、景気回復が一番の薬かもしれません
その上で宇宙を目指す学者が増えると(・∀・)イイ!ですね!

そんな時代になれば科学的に明らかに間違っている放射脳も減ることでしょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141203-00000082-jij-sctch


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然:科学化学関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック