2014年12月02日

裁判所が法を守らないから>非嫡出子(婚外子)判断http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141202-00000060-jij-soci

Yahoo:「婚外子規定で合憲判断=「違憲」時より前に相続―最高裁

2000年5月の遺産相続をめぐり、結婚していない男女の間に生まれた子(婚外子)の相続分を結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分とした民法の旧規定が、法の下の平等を定めた憲法に違反するかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は2日、規定は合憲だったとの判断を示した。
 最高裁大法廷は昨年9月の決定で、01年7月時点で規定は違憲だったと認定した上で、それより前に相続が開始されたケースで規定を合憲とした判断には影響しないと指摘した。
 今回の訴訟で婚外子の原告は、規定は違憲だとして、嫡出子である被告らと同じ相続分にすべきだと主張。第3小法廷は、03年の最高裁判決が00年9月時点で規定は合憲だったと判断していることを理由に、違憲とは言えないとした二審東京高裁判決を支持した。
 

裁判所が法に定められたことを破るから、こういうバカな判断をしなければならなくなったのでは?

制裁と正妻の子供嫡出子を法が守らないでどうします?
法の定め以外で生まれた子供(非嫡出子)の権利を認めちゃうから、バカなことになるのです
子供に罪は無いといいますが、法を守らなかった親には厳しく罰せられるべきだし、そのツケを何で国が負わなければならないのか?まして正妻や嫡出子が巻き込まれなければいけないのか?

バカなことをした親が尻ぬぐいをすれば良いだけであって、法が、憲法がという騒ぎにする方がおかしいと思うのです
悪しき平等主義者は、正当な権利を持ったものを迫害するのか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141202-00000060-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック