2014年11月18日

異民族、異文化人などと一緒に住むのは無理って事http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00000022-jij-n_ame

Yahoo:「黒人射殺で再び非常事態宣言=評決でデモ激化の恐れ―米ミズーリ州

米ミズーリ州のニクソン知事は17日、近く予想される黒人青年射殺事件の陪審評決をきっかけにデモが激化する恐れがあるとして、再び非常事態宣言を出した。知事は「市民や経済活動を暴力から守らなければならない」と強調。州兵を展開させ、州やセントルイス郡などの警察当局も連携し、安全確保に全力を挙げる。
 セントルイス郊外のファーガソンでは今年8月、丸腰だった黒人青年マイケル・ブラウンさんが白人警察に射殺された。黒人に対する人種差別が背景にあるとして、激しい抗議デモが発生。店舗の略奪や破壊も行われたため、知事は非常事態を宣言、9月、沈静化に伴い解除した。
 

もの考え方などがずいぶんと違うのですから
同一エリアに異文化、異民族などが同時に居住するのは無理って事でしょう
何かっていうと、こういう小競り合いが起きているような気がしますし、それに応じて黒人が暴動というパターンになって、大変じゃないですか?

争いを少しでも減らしたいなら、住むエリアを分けて、互いになるべく触れ合わないようにするのが吉でしょう

東欧など、そういうことで分離独立した国は結構あったはず
多文化共生は苦労知らずの阿呆の夢のまた夢の中でしかあり得ないのでは?

違いを乗り越えるのは、まず無理だと思いますね
互いに自らを優先させようとするのが常ですし・・・
違う相手を優先するのは自己否定につながり、そんなの生き物じゃあり得ないと考えます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00000022-jij-n_ame


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック