2014年10月28日

ようやくここまで来ましたなぁ>川内原発再稼働へ?!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000039-mai-soci

Yahoo:「<川内原発>市長、再稼働に同意 議会の賛成採択受け

国の新規制基準に初めて適合した九州電力川内(せんだい)原発が立地する鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長が28日、再稼働への同意を表明した。同日の臨時市議会で、川内原発の再稼働を求める陳情が採択されたことを受け判断した。一方、傍聴席内外は、再稼働反対を訴える人たちが詰めかけ、騒然とした。

 市議会原発対策調査特別委員会が20日に、早期の再稼働を求める陳情を賛成多数で採択したことを受け、市長が臨時議会を招集していた。この日は特別委員長から審査経過の報告を受けた後、議長と退席者1人を除く24人で採決。再稼働反対陳情10件を不採択とした上で、早期再稼働を求める陳情1件を19対4(棄権1)の賛成多数で採択した。

 市議会の判断を受け、2年前の選挙で再稼働容認を訴えて再選された岩切市長は臨時市議会後の全員協議会で「再稼働を進める政府の方針を理解する」と述べ、川内原発の再稼働に同意した。

 一連の地元同意手続きで、伊藤祐一郎知事は同意が必要な範囲を県と薩摩川内市に限っており、市が結論を出したことで手続きは県へと移る。

 県議会にも再稼働反対、賛成の陳情が出されており、27、28日の2日間、原子力安全対策等特別委員会で審査。県議会は、11月初旬にこれらの陳情を採決する臨時会を開く方向で調整している。ただし、再稼働への協力要請のため鹿児島入りする予定の宮沢洋一経済産業相の日程次第で、スケジュールが変わる可能性がある。

 川内原発1、2号機は、福島第1原発事故後に策定された新規制基準に初めて適合した。現在、川内以外に12原発18基が原子力規制委員会で審査されている。薩摩川内市が立地自治体として初めて同意したことで、他の原発の地元自治体の判断にも影響を与えそうだ。【宝満志郎、津島史人】


市民の声を聞けって言っている人がいますけど
ものすごく意味が無いと思います
インフラが十分か、不十分かという判断に感情を交えたら全く意味が無いです
電力が足りないというのは、節電が続いていることを考えれば、足りてないのは事実
実際、灯りが必要な場面でも消している状況下で足りているから良いとか言えるわけがありません
防犯灯が消えていたり、十分な灯りが必要な目の不自由な人たちがいるのに、薄暗い状況を続けていることが本当に良いのかどうか考えれば、新しい発電方法がない以上、原発が必要とされるのは当然のことです

再生可能エネルギーとか、基幹エネルギーに使えるわけ無いんですから、太陽光なんて菅直人と政商による詐欺みたいなものだったし、そういうのを目の当たりにしても原発アレルギーって治らないものなんですね
もっと科学的な思考をしましょうよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000039-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック