2014年10月22日

いつまでもなかったことで攻められ続けるのは苦痛>慰安婦問題http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000096-jij-cn

Yahoo:「「強制連行」否定に懸念=中国

中国外務省の華春瑩・副報道局長は22日の定例会見で、従軍慰安婦の「強制連行」を認めた1993年の河野洋平官房長官発言を菅義偉官房長官が否定したことについて、「重大な懸念を示す。
 慰安婦を強制したことには確かな証拠があり、否定は許さない」と述べ、強く反発した。
 華副局長は「歴史の罪と事実を否定しようとしても、日本の動きへの警戒心を高めるだけだ」と非難。日本側に「侵略の歴史を直視し、反省するという今までの態度や約束を徹底的に厳守することを重ねて求める」と訴えた。
 

歴史を直視した結果
やってもいないことで抗議を受け続けるのは苦痛だと思うようになりました
強制したという確かな客観的な証拠を出して欲しいものです

自称慰安婦の証言なんて冗談みたいなものを持ち込まれても困ります

やってもいないことで反省を強要されたり
例え万が一そんなことがあったとしても戦後生まれの我々には一切関係のないことなので、そんなことをいわれても困るだけです

実際そういう事実はないわけですから、いつまでも支那朝鮮に頭を下げるのはゴメンですね
ふざけるなと言って差し上げたい


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000096-jij-cn


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(主に特定アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック