2014年10月21日

性犯罪だろ?>小学生アイドルだっこ会http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141021-00002192-bengocom-soci

Yahoo:「成人男性ファンが「小学生アイドル」を「抱っこ」 こんなイベントは法的にOKなの?

女子小学生4人組のアイドル「ガールフレンド」のイベントで、ファンがメンバーの身体に触れるなどしたとして、運営側は、そのファンを「出入り禁止処分」にしたと、9月下旬にオフィシャルブログで発表した。

オフィシャルブログによると、出禁処分を受けたファンは、9月23日に行われたBBQイベントで、「メンバーの身体に触れる行為」「長時間にわたってメンバーを独占する行為」を複数回行ったという。ファン本人が、意図的な行為だったと認め、反省もしていないことから、こうした処置に踏み切ったという。

こうした小学生アイドルのファン交流イベントは、近ごろ物議を醸している。8月には、成人男性が小学生アイドルを抱っこする写真がネットで拡散し、非難を浴びた。ネットの一部では、こうしたイベントは「抱っこ会」などと呼ばれているようだ。

このように、成人が小学生を抱っこするようなイベントを開催することは、法的に問題ないのだろうか。秋山亘弁護士に聞いた。

●労働基準法に違反する?

「小学生アイドルを『抱っこ会』などに参加させ、成人男性と接触する機会を持たせることは、労働基準法もしくは児童福祉法に違反する可能性があります」

秋山弁護士はこのように切り出した。

「まず、労働基準法に違反する可能性を考えてみましょう。この法律では、18歳未満の者を福祉に有害な場所で働かせることを禁じています。抱っこ会には、性的な意図をもって小学生の身体に触る人がいるかもしれず、『福祉に有害な場所における業務』にあたる可能性があります」

見知らぬ男性に抱っこされれば、幼いアイドルが恐怖や緊張を感じてもおかしくない。まして、いやらしい気持ちで身体を触るファンがいるとなれば、抱っこ会は彼女たちにとって有害なイベントと言えるだろう。

「ただし、小学生アイドルが『本人の歌唱や演技が他人によって代替できない』『報酬は稼働時間に応じて支払われるものではない』など厚生労働省が定める4つの要件を全て満たしている場合は、そもそも労働基準法上の『労働者』ではないとして、労働基準法が適用されません」

では、小学生アイドルが「労働者」に該当しない場合、児童福祉法では守ってもらえるのだろうか?

●児童福祉法違反になる可能性は?

「抱っこ会のようなイベントが児童福祉法に違反する可能性は、十分考えられます」

どういう理由で、そうなるのだろうか?

「児童福祉法は、『法に触れることをする可能性のある人に、児童を引き渡すこと』を禁じています。

もし、抱っこ会において、抱っこに乗じて性的な目的でアイドルの胸や腰に触れる人がいれば、それは『公共の場所で、衣服などの上から又は直接人の身体に触れることで、相手を著しく羞恥させたり、不安を覚えさせる行為』として、迷惑防止条例違反などの犯罪行為にあたる場合があります。

したがって、主催者側としても、抱っこ会において上記のような行為をする人がいる可能性があると知りながら抱っこ会を行っている場合、児童福祉法に違反すると考えられるでしょう」

秋山弁護士はこのように解説していた。


問答無用で性犯罪でしょ
変質者の所行を認めてはいけない

こんな事をさせる親もどうかと思いますし
頭の逝かれた連中が多くなりましたね!
モラルもへったくれもないのでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141021-00002192-bengocom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック