2014年10月20日

女性登用を急ぎすぎた結果>だらしがない結果を招いてしまいましたhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000550-san-pol

Yahoo:「女性2閣僚辞任 安倍首相「2人を任命したのは私、任命責任は私にある」

安倍晋三首相は20日午後、官邸で記者団に対し、小渕優子前経済産業相と松島みどり前法相の辞任について「任命責任は私にある」と述べた。首相の発言の詳細は以下の通り。

 −−小渕、松島両氏の辞任について受け止めと任命責任について

 「先程、小渕経済産業相と松島法相から辞表が提出されました。自らの問題によって、政治に、行政に遅滞をもたらすことは許されない。よって、辞任したいと。経済再生、女性が輝く時代をつくっていく上において貢献できずに、大変申し訳なかったという話がありました。私は2人の意志を尊重して辞表を受理いたしました」

 「2人を任命したのは私であり、任命責任は首相である私にあります。こうした事態になったこと、国民の皆様に深くおわびを申し上げる次第です。政府において、行政において難問が山積しています。まさに政治の遅滞は許されないわけでありまして、後任を急ぎ選定いたしまして、改めて課題に取り組んでいきたいと思います」

 −−後任には

 「後任には、今回の出来事も踏まえ、国民の皆様の信頼を得る、それぞれの分野に通じた方を選びたいと思っています」

 −−いつまでに

 「今日中に選びたい」

 −−今日中に発表されるということか

 「基本的に今日中に新しい大臣を選びたいと思います」

 −−女性か

 「それぞれ、法相、経済産業相にふさわしい人を選びたいと思います」

 −−男女かかわらずか

 「女性が輝く社会づくりにおいて、女性の閣僚という存在意義が十分認識している。その上において、適材適所に選びたい」

 −−名前は

 「これからよく考えていきたいと思います」


女性登用の数あわせを急ぐあまり身体検査をおろそかにしたんじゃないのかなという印象

質実剛健な政府が求められる中、女性登用の数あわせをするよりかは、男女問わずに実力のある人を選ぶべきでした。これが本来の意味の平等だと思いますし

女性だから登用という阿呆なことをするからこういうことになったのではないかと自分は考えますね

まだまだ女性登用にこだわるようですが、また繰り返すだろうし、少子化は食い止められないでしょうし
こういう点については安倍総理は駄目だなぁとつくづく感じます

女性本来の役割を全うできるような環境作りをすべき時に何で逆行するようなことをするのかなぁ
外人家政婦特区とか、バカすぎてお話になりません


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000550-san-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:女性登用
posted by ! at 19:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック