2014年10月17日

パニックが起きて、大流行じゃないですか?>エボラが日本上陸したらhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141017-00010002-withnews-soci

Yahoo:「エボラ出血熱、日本で発生したらどうなる?

日本でエボラ出血熱に感染した人が出たらどうするのか。どこで治療するのか。薬はあるのか。調べました。

■45ある指定施設に運ばれて治療
 日本でエボラ出血熱に感染した人が出た場合、全国に45ある指定施設に運ばれて治療を受けることになります。

■治療薬は開発段階
 治療を受ける施設はありますが、治療薬はまだ開発段階です。国内では、新型インフルエンザ用に日本で開発された薬がエボラ出血熱にも効くのではといわれており、これを投与することも検討されています。それ以外にも血清療法などがアメリカでは試みられていて、効いたともいわれていますが、実際のところはよくわかりません。

■診察の手引きはあるけど…
 今年3月、厚生労働省の研究班によって診察の手引をまとめられました。防護服や医療用の保護眼鏡・高密度マスクなどを身につけ、手袋も2重にするなど、医療従事者の装備についても定められています。しかし、その後西アフリカで爆発的感染者が出たことで再度見直しが進められています。


原発事故の後、
マスコミやネットでは嘘、デマが飛び交って正しい情報はむしろ追いやられていました
それを踏まえれば、エボラ出血熱が日本に入ってきた場合、助かるものも助からないと見るのが正しいのではないでしょうか?
放射脳が登場したように、エボラでもそれに類するものが登場すると考えて良いのかなと思いますよ
要注意

日頃から専門家の話をちゃんと聞くということ
一見正しそうなことを言っていても専門外人間の話は聞かないようにするとか
身につけておくべき事はあるんじゃないのかな?

放射線の専門家よりもデマを飛ばすエセジャーナリストとか、医者でも専門外とかそういう連中の方が受けが良かったのはなぜなんでしょうかねぇ?不思議でなりません
間違った知識からは間違った判断しか生まれません
東日本を離れて西へ流れた人もいるそうですけど、そちらはそちらで大陸から放射性物質が来ているし、もともと放射線量が多い地域でもあるわけで、とても無意味な行動でした。離婚までしてデマに踊らされるのは危険だなと思いますし、そうならないように正しい知識を身につけることは大事だと理解して欲しいです

日本が技術立国だったのはもう過去のことなんでしょうか?理系的な考え方を身につける機会が無いからこういうことになったんでしょうかねぇ

それからいつ来てもおかしくない状況なのに国会では、備えるために準備もしないでうちわだーなんだーと与党の揚げ足をとることに熱心になっていて、まともに国会審議が出来ていない状況

民主党に政治的なセンスを持っている人がいたら、そんなことしないでもっと建設的なことをしていると思いますけど、全然進歩しないのね。そしてマスコミもそれに同調しています

間近に迫った脅威に何もしないことが日本が末期的だなぁと思えるところです
ちゃんとやれば自民政権はひっくり返せれるのに、それをしないで揚げ足取りしかしないあたり
政治能力は皆無と見るのが正しいでしょう

しかし、政治ショーとしかとらえることが出来ない一般人にはそういう方が受けが良いみたいですね
この辺、理系的な能力を身につけてないことも一因かもしれません。論理的に考えることが出来ないって事は本当に駄目ですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141017-00010002-withnews-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:13| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
政治宗教野球の話は避けるべきという風潮をそろそろ改善できないのかなと思います
他者と意見を交わしあえば自ずと自分の頭で物事を考えるきっかけにもなりますし
友人、同僚間ではまだ無理でも、せめて家族の中だけでももっと日本のこと政治のこと話せる雰囲気が広がるといいですね
日本にはサイト主さんのようにしっかりした考えを持っている方は確かにいるわけですし、もっとそういう人達の声が多くなれば日本の将来はそう暗くないんじゃないかと思います
Posted by ラーカー at 2014年10月18日 10:25
過分なお言葉に多謝ですm(__)m

いずれにしても、いろんな人と話をすると言うのはとても大事だと思いますよね。
まず他人の考えと触れ合うことが大事。
その最初が友達づきあいだと思うので、学校での直接のふれあいを大事にしたい。

そして何よりも仰るとおり家庭内の話す時間大事でしょう
両親とも働いて、子供と話をする機会が無いとか最悪ですね。まずはお母さんが子供の話し相手になる、そしてお父さんと話をする。そんなステップを大事にしたい。そのためにも親が家庭にいる時間を作るのが社会の責務でしょう。

少子化対策のためにも一考して欲しい。
Posted by !@管理人 at 2014年10月20日 18:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック