2014年10月03日

女性登用数値目標>男性差別は止めてもらいたいhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141002-00000112-mai-pol

Yahoo:「<女性の活躍>政府の柱「雇用環境の整備」数値目標で綱引き

政府が2日、自民党に提示した「女性の活躍」推進の政策パッケージの柱は雇用環境の整備だ。政府はその基盤となる女性活躍推進法案の素案を7日までに固め、臨時国会に提出する方針だ。安倍内閣は、女性比率の数値目標の設定を企業に義務づけることに前向きだが、企業側は反発しており、ぎりぎりまで綱引きが続きそうだ。

 「数値目標の設定を含め関係者と調整している。実効性のある法律となるよう法制化作業を進める」。2日の参院本会議で、塩崎恭久厚生労働相は数値目標の義務づけに意欲を示した。

 2日に自民党に提示された法案概要では、事業主に対し、採用者の女性比率▽勤続年数の男女差▽管理職の女性比率−−などを把握させ、女性の登用促進に向けた取り組み内容や実施時期をまとめた「行動計画」を公表させる。

 問題は、行動計画に盛り込む「数値目標」の扱いだ。厚労相の諮問機関である労働政策審議会は塩崎氏に対し、数値目標の義務化は「各社の実情に配慮することが必要」と慎重な報告書を提出した。経済界で「義務化すれば単なる数字合わせになる」と反発が広がったためだ。経団連関係者は「企業の自由度を奪ってはいけない」と語る。

 一方、女性活躍を成長戦略の柱と位置付ける政府内では「数値目標は義務化すべきだ」との意見が根強い。「2020年までに指導的地位の女性割合を3割にする」という目標達成は「相当難しい」(官邸関係者)とされ、経済界の自主的な取り組みだけでは失速する懸念があるためだ。

 甘利明経済再生担当相も9月30日の記者会見で、内閣改造で女性閣僚を5人登用したことに触れ「国会議員数の比率からするとかなり踏み込んだ数字だ。姿勢を示すことで(組織内の女性の)母数も大きくなる」と指摘した。【念佛明奈】


どうやら安倍政権は日本を取り戻す気はないらしいですね
少子化を解消せずに、日本の未来があるわけ無いでしょう?
なんで登用するのを最優先にするのでしょうか?
全て逆行しているようにしか見えないです
本当にがっかり

外人を連れてきて、問題なしとか
そんなことをしていたら、日本は亡くなっちゃうよ
日本人を増やす気がないなら、辞めて欲しい

子を産んできちんと育ててこそ、男女共々輝くのでは?
社会で働くことより大事な事があるのでは?

女性が社会へ出て行く社会より
子育て夫婦を社会でバックアップする体制を作るべきだと思いますよ
思い切って、夫婦共々働かなくても子育て中は食べていられるくらいの事をしても良いと思いますね
日本社会に一番貢献しているのですから(無茶は承知の上で)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141002-00000112-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック