2014年08月29日

学校へ行けばいいって事じゃないでしょう>貧困家庭への誤った支援だと思いますhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000032-jij-pol

Yahoo:「「子供の貧困」解消へ大綱=奨学金制度拡充、進学サポート―政府

政府は29日午前の閣議で、深刻化する子供の貧困への方策を総合的に推進するための「子供の貧困対策に関する大綱」を決定した。世代を超えた貧困の連鎖解消が狙い。生活保護世帯の子の進学・就職率や高校中退率、一人親家庭の親の就業率など25の指標を設定し、改善に向けた教育、生活、保護者の就労など各分野の重点施策を列挙。今後、奨学金制度の拡充などに向け、政府を挙げて対策を講じる。
 大綱は「わが国の子供の貧困の状況が先進国の中でも厳しい」と危機感を表明。「生まれ育った環境に左右されることのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等を図る」と強調した。
 25の指標は、施策の実施状況や効果を検証するために設定。生活保護世帯の子の大学等進学率32.9%(2013年、全体73.3%)や高校中退率5.3%(全体1.5%)の改善を図る。
 具体的には、学校教育による学力保障を徹底し、教育費の軽減を図るほか、幼児教育の無償化、夜間中学校の設置などを推進。親の就労や「学び直し」の支援などに取り組む。


家庭が狂っているから、子供もおかしくなってしまっているわけで
ただ学校へ行けば良いってものじゃないでしょう

家庭を救う事から始めないと駄目ですね

まず父親がしっかり働いて稼いでくれば、かなりマシになるんじゃないですか?
まず家庭の基盤を安定させること
そして家庭の有り様を再確認ですね

戦後教育で核家族化したり、家庭の有り様が崩されてきたから、子供もだんだんおかしくなってきたと考えるべき
親が個人主義を発揮すれば、子育てがおろそかになるのは当たり前だし、子供放置も多くなるのは当たり前。子供に金をかけるより自分に使うことを当然としたら子供は救われませんね

行きすぎた個人主義を正すべきでしょう
親が親に成長しないままという異常事態を正さないとね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000032-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:貧困 家庭 支援
posted by ! at 19:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック