2014年08月21日

どちらにしてもすごい事でしょ>伊能忠敬地図http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140818-00050100-yom-ent

Yahoo:「伊能忠敬の蝦夷地図、間宮林蔵のデータで描く?

江戸時代後期、伊能忠敬(いのうただたか)(1745〜1818年)が作成した日本全国測量地図の蝦夷地(えぞち)(北海道)全体が、忠敬の弟子で探検家の間宮林蔵(1780?〜1844年)の測量データに基づいて描かれたと考えられると、伊能忠敬研究会が18日、発表した。

 定説では、忠敬が未測量の北海道北側部分のみを林蔵のデータで補足したとされていた。

 同会は、1800年の第1次測量で測った函館付近から厚岸(あっけし)付近まで南側の海岸線について忠敬が作った測量図と、1821年の最終版「大日本沿海輿地(よち)全図」のデジタル画像を重ね合わせて比較。その結果、両図で海岸線が最大数キロ離れていることを確認した。

 同会によると、忠敬は第1次測量で南側だけを測って以後、蝦夷地を訪れていない。一方、林蔵は蝦夷地を測量したデータを1817年に忠敬に引き継いだとされる。忠敬は、弟子以外のデータを用いない方針だったという。同会の渡辺一郎・名誉代表は「最初の測量で自信がなかった第1次のデータでなく、林蔵のデータを用いて正確な地図を作ろうとしたのでは」と話している。


その時代に二人も、測量や地図作りに秀でた人がいたって事はすごい事だと思いますよ

あれだけの、現代技術にも匹敵する精度で、日本地図を作り上げていたのは感嘆するしかないです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140818-00050100-yom-ent


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 考古学・歴史的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック