2014年08月15日

きちんと刑に服させるべきだ>佐世保殺人事件http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140814/crm14081417240015-n1.htm

産経新聞:「事件の背景を探れ 元判事らが徹底調査を要望

長崎県佐世保市の高1女子生徒殺害事件で、元裁判官や犯罪被害者らでつくるグループが14日、殺人容疑で逮捕された同級生の少女(16)が家裁へ送致された後に、徹底した背景解明をするよう求める要望書を最高裁に提出した。

 要望書は元神戸家裁判事の井垣康弘弁護士や、漫画「家栽の人」の原作者毛利甚八さん、交通事故で次男を亡くした「被害者と司法を考える会」代表の片山徒有さんらが作成。家裁調査官が少女の成育環境や心の変遷を綿密に調査した上で、検察官送致(逆送)とせず、更生を優先させた処分を検討すべきだ、と主張している。

 少女は精神状態や刑事責任能力を調べるため11日から3カ月間の予定で鑑定留置されている。終了後、長崎地検佐世保支部が家裁に送致し、家裁が処分を決めるための少年審判を開くかどうかを判断する。


事件の背景などを探るのは当然としても
家裁で更正を優先とした処分というのには同意できませんね
被害者の事を考えたら、刑に服させるべきだし、殺人である以上死刑もあり得て当然じゃないのかなと思いますね

何で加害者を甘やかすか理解できませんよ
許されざる事をしておきながら、生きながらえようとか絶対に駄目でしょ?
全うに生きていた人が死に損で、犯罪者が普通に生きられるとか不公平すぎてわけわかりません

こういう言論もありかもしれませんけど、でも被害者の事を一顧だにしない論には絶対賛成しない!


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック