2014年08月06日

核兵器は良くないと思うよ、だけどね>69回目の原爆の日http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140806-00000015-ann-soci

Yahoo:「きょう69回目の原爆の日 広島平和記念式典

広島は69回目の原爆の日を迎えました。広島市長は平和宣言で核兵器の廃絶を訴えました。

 平和記念式典には、安倍総理大臣のほか、アメリカのケネディ駐日大使など68カ国の代表らが参列し、原爆が投下された午前8時15分に合わせて黙とうが捧げられました。広島市の松井一実市長は平和宣言で、核兵器を「絶対悪」と表現し、廃絶を訴えました。
 広島市・松井一実市長:「核兵器もない、戦争もない、平和な世界を築くために被爆者とともに伝え、考え、行動しましょう」
 集団的自衛権には触れませんでしたが、政府に対し、憲法の平和主義のもとで69年間戦争をしなかった事実を重く受け止めるよう求めました。被爆者の高齢化は進んでいます。平均年齢は79歳を超え、初めて20万人を割り込みました。


実際に被曝された方が、どんどん亡くなって減っていくのは当たり前のこと
少しでも多くの方の証言をビデオに収め、残していくことは急務じゃないのでしょうか?
誰か語り部として受け継ぐとかそういうことではなく実際に体験した方の話を残すことが大事だと考えます

聞いた話を語る人をいくら作っても、意味はほとんどないと考えますね
そんなもの、聞いた人のバイアスがかかって、体験者の思いをきちんと伝えられるかどうかわかりませんよ
せっかくビデオという文明の利器があるのですから、そちらで残し、誰もが見られるようにしておくべきでしょう


さて、核兵器を絶対悪というのは賛成ではありますが
世界の状況を鑑みたら、簡単に廃止できるものじゃないでしょう
世界中で一斉に廃止しない限り、一方だけが廃止したら
一方的になぶり殺しにされるだけで意味はないです

ですんで、もうしばらくは核による均衡状態というのは続くでしょうね
平和というのは、そういう力関係が均衡しているときに現れる現象かもしれません

で、支那とかロシアとか、その他各テロリストと見られる存在がある以上、律儀に核は悪だから廃止しますというのは愚か者のする事です。核テロリストに攻め込まれてお終いです
自ら守ることを放棄するようなものですから


そして、核兵器と原発を同じものと見る愚か者がいるのも困ったもの
電気という文明を支えるエネルギーを確保するためには現状では火力、水力、原子力によるものじゃないと大量に安定的に供給できる手段はありませんよね

そして、火力は中東情勢であるとか、支那の海洋進出などによって供給が不安定になることもありますので、他でカバーしなければなりません。しかし水力=ダムは自然破壊だと言って、新設は難しい状況?ならば最低限現存する原発を利用することになるはずなのに、なぜか再稼働が出来ない状況

これもまた自ら首を絞めるような愚かな行為ではないかと思うところです
核兵器と原発を一緒とか阿呆なことですね
そんな連中は放置して、再稼働を進めて欲しいですね


それから日本国憲法で平和が維持できたとか、これも間抜けな話
米軍が日本にいたから攻め込んでくるバカはいなかっただけのこと
憲法があるから攻め込まれなかったという事じゃないです

圧倒的な力が存在するのに、わざわざ攻め込んでくるバカはいないだけの話です
勘違いしてはいけません

また、戦争はいけないといっても、考え方が違うとかそういうことで日常的に喧嘩になることを踏まえたら人は戦うのが好きなんだと思います
どうしたら、そういうことを理性的に戦うのを止めることになるのか考えたら良いと思いますが、やったらやり返される状況を作るのが一番の近道でしょうね

ジャイアンをのび太がすすんで殴っていくことはないでしょうけど、ジャイアンはのび太を簡単に殴りますよね。そういうことだと思います
自分が痛い目に遭うのは普通イヤですもの



それから原爆の碑(だっけ?)に刻まれている
過ちは繰り返しませんという文言、アレはやっぱりおかしいでしょ?
過ちを行ったのはアメリカであって、日本ではありません
ですから、日本人が刻んだ碑に、過ちは繰り返しませんとあるのは絶対におかしい
アメリカ人が言うなら別ですけどね


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140806-00000015-ann-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック