2014年08月01日

精神科医はどうするつもりだったのかな?>佐世保猟奇的殺人事件http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140801-00000011-mai-soci

Yahoo:「<高1同級生殺害>6月、医師が「人を殺しかねない」

長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件で、殺人容疑で逮捕された少女(16)を知る精神科医が、事件前の6月、長崎県佐世保こども・女性・障害者支援センター(児童相談所)に「このままでは人を殺しかねない」という趣旨の相談をしていたことが、県関係者への取材で分かった。

 同センターはその際「助言した」としているが、精神科医が少女の実名を明かさなかったことから、関係機関に連絡するなどそれ以上の対応はしなかったという。

 県関係者によると、精神科医は少女が過去に給食への洗剤混入や猫の解剖、父親をバットで殴ったことを知っており「このままでは人を殺しかねない」という内容を告げたという。

 同センターは相談内容について「個人情報の保護と守秘義務がある」として明らかにしていない。

 一方、少女が住んでいたマンションの部屋から医学に関係する書籍が見つかっていたことが、捜査関係者への取材で分かった。少女は「猫を解剖して満足できなくなった。人を殺して解体してみたかった」という趣旨の供述をしており、被害者の女子生徒(15)の遺体の一部は切断されていた。

 捜査関係者によると、書籍は人体の仕組みなどを解説した本だった。少女の自室からはのこぎりや包丁、ハンマーなど複数の刃物と工具が見つかっており、少女は「自分で買った」と供述しているという。

 長崎県警は31日、佐世保市の少女の実家を家宅捜索した。

 逮捕容疑は、26日午後8時ごろ、少女のマンション自室で、クラスメートの女子生徒の後頭部を工具で多数回殴り、ひものようなもので首を絞めるなどして殺害したとしている。【大場伸也、小畑英介】
          ◇
 少女の弁護人によると、少女は定期的にカウンセリングを受けていた。少女は被害者の女子生徒について「仲のよい友だちだった。恨みやトラブルはなかった」と話しているという。また、少女の父親が遺族側に謝罪する意向を伝えたことを明らかにした。


精神科医の人はどうするつもりだったのかな?
きちんと全てを伝えていれば児童相談所はもちろん警察も動けたのかな?
可能性があるだけでは警察は動けなかったかもだけど、児童相談所でどこまで対処が出来たんだろうか?
難しい判断が求められるところでしょうから、良い結果に導けたかどうかはわからない

なんにしても、難しいところだったんだろうな
今回精神科医の人は名前を伝えていないということで、児童相談所も動きよう無かったというのは実情だろうなとは思いますけど

いろんな意味で残念な事件です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140801-00000011-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック