2014年07月30日

教育じゃ、無理な案件>佐世保猟奇殺人事件http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00050145-yom-soci

Yahoo:「「命の教育」の十年は何だった?高1殺害で波紋

この10年間の取り組みの意味は何だったのか――。

 高校1年の同級生を殺害したとして、長崎県佐世保市の少女(16)が逮捕された事件は、2004年に同市で起きた小6女児殺害事件を機に、命の教育を実践したり見守り活動を行ったりしてきた人たちにも、重い課題を突きつけた。「自分たちの取り組みは正しかったのか」と悩みながら、子供たちの命を守るための方法を模索している。

 04年に事件が起きた大久保小で、子供たちの見守り活動を続けている民生委員、一山信幸さん(74)は今回の事件に「まさかと思った。市を挙げて子供たちに命の大切さを伝えてきて、少しは心に響いていると思っていたが……」と話す。そして「逮捕された少女が住む地域の住民も、同じような悩みを抱いたのではないか」とため息をついた。

 04年の事件を機に、同小の校区では、一山さんら住民が毎朝通学路に立ち、登校してくる児童に「おはよう」と声をかけ続けている。だが今回の事件で「自分たちがやってきたことは十分だったのか」と、自問自答を強いられている。

 それでも、「ただ落ち込んでいるだけでは何も進まない。もう一度、子供たちをどう支えていけばいいか、地域住民で話し合わなければ」と、自らに言い聞かせるように語った。

 04年の事件後、校長として4年間、大久保小で勤務した三島智彰さん(60)は、今回の事件に「非常に悔しい」と唇をかんだ。

 同小赴任後、命の大切さを訴え、児童らが孤立しないよう、家族や学校、地域住民との連携を重視した取り組みに奔走した。来月22、23日にはPTAの大会で、事件後の学校の取り組みについて紹介する予定だった。

 「今回の事件は真摯(しんし)に受け止めなければならず、大会でも触れざるを得ない」と表情を曇らせたが、「地域ぐるみで子供の居場所をつくるという狙いは間違いだったとは思わない」。

 逮捕された少女が一人暮らしだったことにも触れ、「大人が居場所を作ってやれなかったのかもしれない。学校だけでなく、家庭、地域との連携を進めていくことが不可欠だと改めて思う」と話した。

 不登校やひきこもりの児童や生徒の支援をしている佐世保市のNPO法人「フリースペースふきのとう」では、子供や保護者を対象に勉強会を続けてきた。山北真由美理事長(70)は「市教委なども様々な対応を続けてきたが、結果的に、どこかに問題があったということになる」と指摘。

 「今回のような事件は、いくつもの要因が重なって起きる。どこかで防ぐ道はあったはず。専門家などから広く意見を取り入れて背景を検証しないといけない」と訴えた。


教育で何とかなると思っていた人はがっかりでしょうけど、
でも、これが現実じゃないですか?
いくら教えてもどうにもならないエラーの子供っているとおもいますよ
それについては、教育者ではなく医者へ連れて行くべき案件だという事じゃないですか?
先生方も見極めが必要だったんじゃないでしょうか?教育で対処できる問題かどうか?確認できていたのかな?

問題があるとしたら、そういう傾向に気がつかなかった、もしくは気づいても行動できなかったことが親と教育者の、主に親の責任じゃないですかね?

親にしても教育者にしても、または地域の人にしても
あれはおかしい子って気がついたら、医者に連れて行くくらいの状況にしなければ、絶対防げないと思います
記事を読んで判断する限り常軌を逸してますよ。とても正常じゃない

解剖とかを好んでするなんて、いくら何でもおかしいでしょうに
それを教育でというの無理な相談でしょう
学校では無理とはっきり言うべきでしょうね
というか、そんなことまで学校が引き受けないといけないのかな?

そしてそういう検査を厭わずに行うという風潮も必要かもしれません


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00050145-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック