2014年07月14日

雇用の公平性を失うので数値目標とかを法で定めるのは止めてくださいhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00050108-yom-pol

Yahoo:「女性登用促進へ新法、企業に行動計画…政府方針

政府は、女性の活躍を推進するための新法を制定する方針を固めた。

 企業や地方自治体に、女性の登用を増やす行動計画を作るよう求めることが柱となる。早ければ秋の臨時国会に提出し、成立を目指す。

 安倍首相は「女性の活躍推進」を成長戦略の中心の一つに位置づけており、「2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にする」という数値目標を掲げている。

 新法は、目標達成に向けて企業の取り組みを加速させるのが狙いで、企業自らの手で女性登用に向けた目標を定めた行動計画を作ることに加え、女性がどの程度活躍しているかを対外的にオープンにするために、有価証券報告書などに役員・管理職に占める女性の比率を明示するように求める。


女性ガー女性ガーで
男性への差別がさらに促進されそうです

だから止めて欲しいです
適材適所
職場に一定数いなければならないという発想は愚の骨頂

優れた人ならともかく、管理職に向いてもいない人を数あわせで登用するとかあり得るでしょ?
それってものすごく間違っていると思いますね
安倍総理は外交では良い線行っているけど、内政では結構やらかしているのが本当に心配。支持者からそっぽ向かれる可能性がありそう、な気がします
それともみんな女性の優先登用を支持するのかしらね?

そして少子化へ逆行・・・何考えているのかな?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00050108-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 男女共同参画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック