2014年07月07日

とりあえず敗訴で良かったね>強姦魔西山の開示訴訟http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140707-00000097-jij-soci

Yahoo:「沖縄密約訴訟、敗訴確定へ=二審は文書開示認めず―14日に上告審判決・最高裁

1972年の沖縄返還に伴う日本の財政負担をめぐり、元毎日新聞記者の西山太吉氏(82)らが国に、日米両政府間で交わされた密約文書の開示などを求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は7日、判決期日を14日に指定した。二審の結論変更に必要な弁論が開かれていないため、外務、財務両省が密約文書を秘密裏に廃棄した可能性を指摘した上で、請求を退けた二審東京高裁判決が確定する見通し。
 西山氏らは、軍用地の原状回復費の肩代わりなどについて合意した文書などの開示を両省に請求。不開示とされたため、2009年3月に提訴した。
 一審東京地裁は、文書について「密約を示すもので、政府としてはその存在を隠す必要があった」と認定。存在を否定した国の主張を「十分に捜したとは言えない」と退け、全文書の開示と請求通りの慰謝料の支払いを命じた。
 これに対し二審は、密約問題に関する両省の調査は網羅的で徹底していたと認める一方で、文書が見つからなかったことから「通常とは異なる場所に、限られた職員しか知らない方法で保管された可能性が高い」と指摘した。
 さらに「(01年の)情報公開法施行により密約が明るみに出ることを防ぐため、両省が秘密裏に文書を廃棄したか、保管外に置いた可能性もある」との見方を示した。その上で、不開示決定時に国が文書を保有していたとは認められないと判断した。
 西山太吉氏の話 文書は日米共同で制作しており、米国側でも発見されている。最高裁が高裁判断を追認するなら重大な問題だ。
 

国が外交上、特に国防に関する話題で秘密を持ったって良いと思ってるし、むしろそれを公にすることで国防に差し障りが出る方が困るので、表に出すべきだと強硬に主張する人はいったい何のために戦っているのかと不思議に思うばかりです

間違いなく日本の国益にかなわないことなのに、ここまで必死になるのは何でなんでしょうかねぇ
肉体は日本人でも、心は日本人じゃないんでしょうねぇ・・・こういうのが減っていって欲しいと思いますよ、本当に


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140707-00000097-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック