2014年06月26日

ただの迷惑野郎>関電の株主総会で橋下暴れるhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140626-00000106-san-bus_all

Yahoo:「関電株主総会 橋下氏、大声上げ退出 10分以上まくし立て

「壇上のみなさんは経営陣失格」。26日の関西電力の株主総会に出席した筆頭株主・大阪市の橋下徹市長(日本維新の会共同代表)は株式売却をちらつかせ、経営陣の総退陣や原発推進の方針撤回を迫った。「全力を尽くしている」などと経営方針に理解を求める関電側の答弁が続く中、大声を上げながら退出。橋下市長の“最後通牒(つうちょう)”に会場はどよめいた。

 「すぐに交代してください」。神戸市中央区の「ワールド記念ホール」で行われた株主総会。橋下市長は質疑の冒頭からヒートアップしていた。脱原発で温度差があった石原慎太郎・維新共同代表とたもとを分かち、原点回帰した橋下市長はほかの株主の怒号、やじが重なる中、いすから身を乗り出すような姿勢で矢継ぎ早に質問を繰り出した。

 「いつ原発が動くと想定しているのか。(大飯原発の再稼働差し止めを命じた)福井地裁の判決が覆ると思っているのか」

 持ち時間の3分間を大幅に超過し「手短に」と議長から何度も制止されながら10分以上まくし立て、壇上で表情をこわばらせていた経営陣に「答弁によっては、本日をもって大阪市は物言う株主に株式を売却する」と強く迫った。

 関電の八木誠社長は原発再稼働の見通しについて「原子力規制委員会に審査をお願いし、全力を尽くしている」と答弁。続いてほかの役員が説明を始めたが、橋下市長は席を立って経営陣に向かって大声を上げ、警護の警察官に挟まれながら会場を後にした。

 会場前では「なくせ原発」と横断幕を掲げる市民らが集まり、警察官との小競り合いに。一方、株主の奈良市の無職男性は「代替エネルギーがあればいいが、当面は無理だ。原発は再稼働しないと仕方がない」と話していた。


マスコミ的には良くやったと言いたいところなんでしょうけど

こんな傍若無人な態度が許されて良いわけないと思いますよ

少なくとも公党の代表、市長、弁護士とかそういう社会的な立場がある人が定められたルールを守らずにこういう態度を取るって時点で十二分にクズだと思いますし

そもそも関電の株を持っているのは大阪市、大阪市民であって、橋下個人が持っているわけではないはずですから、そういう個人的な意見をそういう立場でまくし立てるのは、総会屋のような迷惑行為でしかないというモノではないかと感じる次第です

それにこの様な行為で、関電の収益を悪化させ、株主配当を減らしたとなれば、本当まずい行為じゃないんですかね?

大阪市の電力事情はどう考えているのかな?
大阪の産業界の意見はどうなんでしょうか?
クソ暑い夏を電力不足で乗り越えられるのかな?それに対する市民の不安について市長としてどう考えるのかな?
市長としてろくに思考していないとしか考えられないですよ


そして脅迫行為をするとか・・・よろしくないですね

外にいるプロ市民の活動家ならともかく、そういう立場の取って良い行動ではありませんね
改めて軽蔑したいと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140626-00000106-san-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(橋下徹とか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック