2007年04月25日

須賀川事件の裁判のこと

須賀川市立第一中学 柔道部リンチ事件『隠蔽工作』のまとめ 裁判の争点

福島県須賀川市の中学校で発生したリンチ殺人未遂事件の裁判を傍聴している方のまとめだそうです


当時のPTA会長が市議になっていて、隠蔽する気満々とのこと
今回の統一選で再選された様子

こういうことは、大いに問題あるのでしょうが、メディアが伏せている以上、都合の良いことだけを言っている候補者が当選してしまうのは止むなしですかね?


参考
【福島】須賀川市立第一中学 柔道部リンチ事件★21

431 :朝まで名無しさん :2007/04/13(金) 09:15:14 ID:RSzmtXXk
教員板に市村先生のHPのログが残ってた。
ttp://72.14.235.104/search?q=cache:I9-Halrhpv4J:www.y-ichimura.org/+www.y-ichimura.org/index.html&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp
他コンテンツには行けないけど、メルアドと選挙事務所の電話番号は残ってる。

ひょっとして市村先生はここまで事が大きくなって後悔してるんだろうな。
だからHPも閉鎖したふりをして連絡先の記されたログを残しておいて、
自ら社会的指弾を浴びることを求め、落選した挙句全国レベルで糾弾されるのを望んでいるのかも。
ちなみにメルアドは下参照。
ichimura@soleil.ocn.ne.jp



【福島】須賀川市立第一中学 柔道部リンチ事件★21

477 :朝まで名無しさん :2007/04/15(日) 08:07:05 ID:bvMYu9Dd
事件の翌年のPTA会長は本日公示の須賀川市議会議員選挙で3選を図る市村喜雄。
市議会議員の発言力と政治力と圧力で圧倒的多数の保護者を誑かし教育委員会を動かし
あらゆる汚い手段を使って被害者側を貶め、加害者高橋厳希を全国大会に出場させた。

人命と尊厳を泥靴で踏みにじる市村喜雄が、今日から須賀川市内で自分の名前を連呼して走り回る。
この市議による事件矮小化さえなければ、ここまで被害者家族が苦しむことはなかったはずだ。
奴らは念入りに被害者家族を苦しめ、おそらくはなき者にしようとしている事はあきらかだ。
これ以上のさばらせる事は許されない。
ttp://www.city.sukagawa.fukushima.jp/k_home/10_sigikai/sigikai/2.html
議席番号19に顔写真・住所など
メアド・選挙事務所住所などは
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1175355656/431


学校だけではなく、市議、市教委までがグルになって隠し通そうとするのは大いに問題

また、
スレ中で指摘されていることですが、学校内で事故が起きたとき、対面を気にするあまり救急車を呼ぶことを避ける傾向があるとか
これも大きな問題ですね。何かあったとき呼ばないことが世間に知れ渡ったときの方が学校にダメージを与えると思うんですけどね?その辺はどうなんでしょう?



【社会】 "女子中生、柔道部で蹴られ投げられ意識不明"の裁判で、須賀川市など過失認める

322 :名無しさん@七周年:2007/04/25(水) 14:12:30 ID:91RDyK+M0
>>318
学校・教育委員会が隠蔽しているので公式ソースはないけど、今年1月にこんな書き込みが。
この書き込みには住所、電話番号が含まれていましたが、カットされています。

369 名前: 須賀川市民 Mail: 投稿日: 2007/01/04(木) 12:43:45 ID: 9MbNaMh2
厳希の事件後の足取り
事件後新人戦に出場 県大会決勝戦で判定で敗退 宿泊先のホテルで万引きをしている。
事件が広まり始めたころ登校拒否、学校には来ていなかった。母親は決勝戦で負けたショック
が原因で事故との因果関係ではないと主張していた。うわさで息子が事件の原因だといわれたこと
で気持ちがズタズタになり心に深い傷を負った。息子は被害者だ。2度と柔道着に袖を
通すことがないと保護者会で主張していた。誰も信用していなかった。

3年生になり6月の中体連に出場、厳希は復活した。試合会場には校長、教頭
PTA会長、副会長までが駆けつけ厳希を応援、励ましていた。この対応には他の父兄達は
腹ただしく思っていた。これを機に完全復活、学校には重役出勤校長から特別待遇で担任も注意できず。
ますます手がつけられなくなってきた。下級生を呼び出し悪口を言っているとかで
ぼこぼこにしている。このことも公にされていない。全国大会出場が決定したとき
相楽市長に表敬訪問、地元の新聞に写真入で報道された。学校では大きな垂れ幕を校舎に張り付け
卒業までそのままであった。この時点で市長も学校もうやむやにしようとの姿勢がみれる。

高校受験は全て失敗。頭の中身は空っぽ、身上の悪さで高校側が拒否、本人は全国大会出場で
簡単にいけると思っていたが世の中はそんなに甘くはなかった。
卒業後回転寿司に勤務すぐにやめ建設現場、市内の居酒屋に勤めたが1年前にやめている。
郡山の専門学校(高卒の資格がとれる。)に通学していた。チンピラたちとバイクで暴走していた。
近所では非常に迷惑していた。去年少年院に入り平和が戻っていたが去年の暮れに
自宅に戻っている。バイクの改造を始めており近所の人たちは眉をひそめている。
以上が高橋厳希の足取りである。

posted by ! at 19:38| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 須賀川中事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック