2014年06月03日

マスコミが愚かでなければ、貴重な命は失われなかった>雲仙普賢岳火砕流http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140603-00000022-mai-soci

Yahoo:「<普賢岳火砕流>惨事から23年 島原で追悼行事

死者・行方不明者43人を出した長崎県・雲仙普賢岳の大火砕流から23年を迎えた3日、普賢岳のふもとの同県島原市で追悼行事があった。市が仁田団地第一公園の「災害犠牲者追悼之碑」前に設けた献花所では、遺族や市民が犠牲者に白菊を手向けた。

 市はこの日を「いのりの日」と定めており終日、慰霊の思いに包まれる。市内9小学校、5中学校で学習発表会や普賢岳災害を経験した市民による講話があり、防災について考えた。昨年に続き、給食には災害非常食が出された。

 普賢岳は1990年11月17日、198年ぶりに噴火。91年6月3日午後4時8分に大火砕流が発生し、消防団員や報道関係者ら43人が犠牲になった。93年6月23日の火砕流でも1人が死亡した。96年6月3日に噴火活動の終息宣言が出されたが、火口周辺は今も952ヘクタールが警戒区域で立ち入りが禁止されている。


マスコミが取材を強行しなければ
身勝手な行為をしなければ
それを救助に行った人たちが犠牲になることはなかったわけです
マスコミの身勝手な行動が、この被災を招いたわけ

警官や消防団員の人たちの犠牲って完全に巻き込まれじゃないですか

マスゴミがマスゴミでなければねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140603-00000022-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック