2014年05月27日

移民政策への反発が出るのは当然>押収に極右ネオナチ勢力http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00000000-jij_afp-int

Yahoo:「欧州議会に初の極右ネオナチ議員誕生へ 独とギリシャから

欧州連合(EU)で25日までに実施された欧州議会(European Parliament)選挙の開票結果に基づき、ドイツとギリシャから極右ネオナチ(Neo-Nazi)政党に所属する議員が史上初めて誕生する見通しとなった。

欧州議会選挙を知るための10項目

 ドイツでは、ネオナチ政党「ドイツ国家民主党(National Democratic Party of Germany、NPD)」が約30万票を獲得。欧州議会で同国に割り当てられている96議席のうち、同党としては初となる1議席が与えられるとみられる。

 ドイツでの最近の選挙法改正で全ての最低基準が廃止されたことから、党員数約6000人の同党にも議席が配分されることになった。

 NPDは1930年代のナチス・ドイツ(Nazi)同様、「国家社会主義」を自称し、排外主義と反ユダヤ主義を掲げていることから、同国の複数の地方議会が連携し人種差別を広めているという理由で同党を締め出そうという動きも出ている。

 一方ギリシャでは、開票がほぼ終わった時点でネオナチ政党「黄金の夜明け(Golden Dawn)」が全体の9%を超える票を獲得、定数751人の欧州議会に3人の議員を送り込む見込みとなった。

 同党は1980年代に、アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)崇拝を公言しているニコラオス・ミハロリアコス(Nikolaos Michaloliakos)氏によって結成された。同氏は2012年に、600万人のユダヤ人が殺された責任はナチスにはないという発言も行っている。

 同党は、EUがギリシャに課した緊縮策に対する反発を追い風に、得票数で急進左派連合(SYRIZA)と中道右派の新民主主義党(ND)に次いで3位につけた。

 2012年には、反ファシズムを訴えていた男性歌手の刺殺事件をきっかけに、同党の国会議員18人のうちミハロリアコス党首を含む6人が犯罪組織に属している疑いで警察に拘束された。現在同党に所属する国会議員は2人減って16人。この2人のうち、1人は同党を離れ無所属となり、もう1人は服役中となっている。


グローバル化も自分の足下をおろそかにするとこういうことになるのだと思います
差別だとかヘイトとかいって、反発する向きもいますけど
それ以前に国民としての権利が移民などによって脅かされたらこういうことになるのは当然
みんな同じであるわけがないので、国民とそれ以外に明確な差をつけなければ、国民が反発するのも無理はない。それを排外的といって批判するのは間違ってると思います

移民など、そういうのをさっさと追い返して、国民生活を安定させなければこの動きは止められないでしょう
当たり前のことですがね

国が大事にすべきは国民の生命財産であって、それ以外のものまで守って、国民の生命財産を脅かすようなことをすれば、自ずとわかると思いますよ

グローバル化が進んだおかげで、歴史の揺り戻しが始まったのかもしれませんし、当然だと自分は考えます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00000000-jij_afp-int


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:ネオナチ 移民
posted by ! at 22:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック