2014年05月01日

人件費を抑えて安く売る戦略が終わると良いんですけどね>すき家人手不足続くhttp://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20140429-1292701.html

日刊スポーツ:「すき家 人手不足で新装開店できない

牛丼チェーン大手「すき家」が人手不足で苦しんでいる。店舗リニューアルのために3月中旬から一時閉店させていた100店以上が、店舗従業員などが集まらず開店できずにいることが、28日までに分かった。

 すき家を運営するゼンショー広報部によると、3月中旬から改装のため167店舗を随時閉店。4月下旬までにそれぞれ開店を目指していた。しかし、現在まで開店できたのは数店舗で、百数十店舗が閉店したままだ。担当者は、「5月中に開けられる店舗を調整しているところですが、5月末までに開けられない店舗も出てきそう」と話す。

 リニューアルするにあたり、強盗などに狙われやすい深夜に1人で営業する「ワンオペレーション」を解消しようと人員を増やす方向で募集をかけているが、希望者が思うように集まっていないという。担当者は、「例年、4月は求人に対して希望者が増えるのですが、今年は想定を下回っています。新卒(採用)の応募者も減っていますし」と頭を抱える。

 また、店舗を改装する建設業者が不足しており、工事の遅れにつながっているという。担当者は「どの業界も人手不足が深刻なようです。早急に開店させられるよう頑張っておりますので、もう少しお待ちください」と話した。

 想定外の事態は、経営にも影響を及ぼしそうだ。担当者は「改装費などは2年かけて回収する予定で工事しています。工事期間が長引けば売り上げなどにも影響が出ますし、営業面でも厳しい」と明かした。

 ◆すき家 1982年7月、牛丼弁当店を横浜市に開業。全店舗が直営店。店名の由来は2つあり、牛丼の味付けのベースとなっている「すき焼き」が、創業の地と同じ横浜が発祥ということと、好きになってもらいたいという願いが込められた「好き家」から。キムチ牛丼などメニューやトッピングが豊富なのが特徴。全国1984店(3月現在)。本社は東京都港区。小川賢太郎社長。


せっかく給料が上がる傾向になってきているのですから
もっと良い企業へ行くようになれば良いと思います
やはり良い人材は、良い給料へというわけですからね

ですんで大学などの就活担当者も、すき家に限らずブラック企業を選別し、学生がそういうところへ行かないように注意し、なるたけ良い会社へ就職できるように努力して欲しいと思います

福利厚生では優良な公務員が敵視され、採用数が減っているのは、そういう意味では日本の労働政策は狂っていると思いますよ。民間企業は労働法を守って、労働者の生活がよりよくなるようにしなければいけないのに、サビ残を含めて酷いことがまだまだまかり通っているんですからねぇ

経営者サイドが労基署などの廃絶を願い、労働法を亡き者にしようとしていることを絶対に阻止しなければと思います


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック