2014年05月01日

こういうのを何とかしないと駄目だよ!>介護士給料http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1795064.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「【低賃金】 介護職、全国平均月給を10万円近く下回る20万円(手取り18万以下)で離職者激増へ

1 名前: シューティングスタープレス(dion軍)@\(^o^)/:2014/04/27(日) 14:20:41.77 ID:t5PeNr6O0.net
過酷さの割に賃金が低いと指摘される介護職。政府も手は打ってきたものの、依然、他業種との格差は埋まらない。人材確保には、賃金アップか外国人の活用か−−。ここへきて国の姿勢も揺れている。

常夜灯がぼんやり照らす廊下を、おむつやタオル、ごみ箱を積んだ台車が行き来する。11日深夜。東京都葛飾区の特別養護老人ホーム(特養)「葛飾やすらぎの郷」に勤めて3年目、生活援助員の宮崎梓さん(22)の夜は長い。

1フロアには約40人が入居する。大半は80〜90歳代で7割は認知症だ。
同僚と2人、一晩で4回は巡回し、おむつを替え、トイレを介助し、体位を変える。
消灯後も徘徊(はいかい)する人はいるし、繰り返し呼び出しボタンを押す人もいる。

ひと息つけるのは午後11時の食事と2時間の仮眠の間だけ。
「朝方トイレに行きたくなりそう。でも、呼ばないようにする」。
そう気遣う女性入居者に、宮崎さんは「気にしなくていいんですよ」とほほ笑んだ。

月4〜5回の夜勤日は、午後5時前から翌朝10時前までの勤務。
しかし、この日は引き継ぎ書類の記入やシーツの交換に追われ、朝食に
ありつけたのは昼近くになっていた。

正規職で介護福祉士の資格を持つ宮崎さんの月給は、手取りで約18万円。
15万円を切るという同業の友人よりは「恵まれている」と感じる。とはいえ、
介護労働者の賃金は他業種に比べて低い。全国労働組合総連合の
アンケート調査(昨年10月)では、手当を除く正規職の平均賃金は20万7795円。
厚生労働省調査の全産業平均(29万5700円)を約9万円下回る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140427-00000006-mai-soci


かなりのきつい仕事で、こんな状態ではどうしようもありません
もちろん被介護者の家族からの支払いをアップするわけにも行きませんから
国は何らかの支援を行って給与のアップを図るべきでしょう
高齢者社会が落ち着くまでは国債発行でまかなうのは有りだと思いますよ
景気回復傾向にあるとはいえ全部が全部給与が上がったわけでもないので、消費税をこれ以上上げるわけにも行かないでしょうし

国が支えていって欲しいと思います
今の、これからの高齢者社会を支える人たちを優遇しないでどうしますかね?

まぁここが破綻したら、高齢化社会は一気に片付くかもしれませんけどね
家族も支えきれず、お年寄りがのたれ死ぬだけだし・・・家族も巻き添え死かな?
在宅介護はみんなを不幸にするだけですから


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:介護士 給料
posted by ! at 20:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック