2014年04月24日

これをアメリカ大統領が言ったことは大きい>尖閣諸島に日米安保適用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140424-00000035-mai-pol

Yahoo:「<日米首脳会談>「尖閣に安保適用」…米大統領が明言

安倍晋三首相は24日午前、国賓として来日中のオバマ米大統領と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。首相は「自由、民主主義、基本的人権といった価値と戦略的利益を共有する日米同盟関係は、アジア太平洋地域の平和と安定の礎としてかけがえがない」と表明。両首脳は同地域で日米同盟が主導的役割を果たすことを確認した。オバマ氏は会談後の共同記者会見で、沖縄県・尖閣諸島が「日米安全保障条約5条の適用範囲にある」と米大統領として初めて明言した。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉については、両首脳は早期妥結に向けて同日午後も日米の閣僚級協議を継続することで一致した。

 日米安保条約5条は日本の施政下にある領域での武力攻撃に対し、米国の対日防衛義務を定めている。オバマ氏が尖閣への同条適用を明言したことは、海洋進出を強める中国をけん制する狙いがある。

 首相は会談で、オバマ政権のアジア太平洋地域への「リバランス(再均衡)」政策を評価した。オバマ氏は「日米の同盟関係は両国だけでなく、アジア太平洋地域全体の安全保障の基礎だ」と述べた。

 首相は安倍政権が掲げる「積極的平和主義」の一環として、集団的自衛権の行使容認に向けた取り組みを説明し、オバマ氏は「歓迎し、支持する」と表明した。両首脳は中国の海洋進出を念頭に「力による一方的な現状変更の試み、海洋権益の主張の試みに反対する」との立場を確認した。

 両首脳は、TPPの日米協議を続けるため、記者会見に合わせた共同声明の発表を見送った。共同声明には、尖閣に関する米側の防衛義務を明記する方向だ。

 共同声明では「東シナ海および南シナ海での緊張を高める最近の行動を踏まえ、地域間の信頼醸成の確立を強く働きかける」と中国へのけん制を強め、韓国、インド、オーストラリアに加え、東南アジア諸国連合(ASEAN)との連携を強化する方針も示す。

 日中関係を巡っては、オバマ氏は会見で「(対立が)エスカレートし続けるのは正しくない。信頼醸成措置を講じるべきだ」と述べ、首相に関係改善への努力を促した。

 オバマ氏は会談で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設手続きが進んでいることを歓迎。両首脳は、沖縄の負担軽減に協力して取り組むことで一致した。首相は普天間飛行場の5年以内の運用停止に向けた協力を要請した。年末の日米防衛協力の指針(ガイドライン)見直しを着実に行うことでも合意した。

 また、首相は北朝鮮による拉致問題解決に向けて米国の協力を要請し、オバマ氏も支持を表明した。

 両首脳は会談で、ウクライナ情勢について「力を背景とする現状変更は許されない」との認識を確認。ウクライナ支援で主要7カ国(G7)が引き続き連携していくことで一致した。

 両首脳は24日、海洋安全保障やサイバー分野などでの東南アジアへの支援を盛り込んだファクトシートや、日米間の相互交流の拡大をうたう文書も発表する。

 首相は共同記者会見の冒頭、「バラクと私で、これまでで一番良好な日米同盟を築いていきたい」と大統領をファーストネームで呼び、日米首脳間の親密ぶりをアピールした。【西田進一郎、鈴木美穂】


今回の会談で一番大事な話?
尖閣諸島で何かあった場合、アメリカも日本の国防策に乗ってくる、ということが明記されるのは大きいですね
支那は、これでなかなか手を出しづらくなるのでは?

そのぶん三井でやったようなあこぎな手を使ってくるだろうとは思いますが・・・
ホントに支那って腐りきった嫌な国!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140424-00000035-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック