2014年04月22日

こいつらに国会議員の資格無し>オバマに内政干渉依頼をしたバカ議員どもhttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/140421/stt14042122080005-n1.htm



産経新聞:「米大統領宛に集団的自衛権行使容認「不支持」を要請 蓮舫氏ら

民主党の蓮舫元行政刷新担当相や社民党の吉田忠智党首ら両党の衆参両院議員19人が21日、安倍晋三政権が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようオバマ米大統領に求める文書を在日米大使館に提出した。文書は「日本が立憲主義や法の支配を失う国となりかねない」と訴えている。

 文書では、今月上旬に来日したヘーゲル米国防長官が6日の記者会見で集団的自衛権の行使容認を目指す日本政府の取り組みを「歓迎し、努力を奨励し支持する」と評価したことを「大きな問題だ」と指摘。その上で「集団的自衛権の行使は解釈の変更によって可能とする余地はない」と容認反対の立場を鮮明にしている。

 行使容認について首相は国会で議論を行う考えを明言しているが、文書は「国会での審議を行わず閣議決定のみで実現しようとする手法」と事実誤認に基づく批判も展開している。

 文書に賛同した19人は次の通り(敬称略)。

【衆院】
(民主)篠原孝、生方幸夫(社民)吉川元

【参院】
(民主)蓮舫、小川敏夫、藤田幸久、相原久美子、有田芳生、石橋通宏、小西洋之、難波奨二、野田国義、大島九州男、田城郁、徳永エリ、森本真治

 (社民)吉田忠智、福島瑞穂、又市征治


衆参それぞれこんなにもバカ議員が存在してます
まだ他にもいるかわかりませんが、こんなバカな愚かな事をやってのけてしまうのが19人もいることに驚きます

内政干渉をお願いしに行く国会議員がいてたまりますかって話

本来、その立場を使って国会で審議することができる人たちが、外圧でその国会審議の結果をひっくり返してくださいって・・・自民党のことをアメリカの犬とか普段言っている人たちが、アメリカにお願いしに行くってどれほど馬鹿げたことをしているのかわかっているのかなぁ

法の効力は国の中だけでのことでしょう?それを外国にゆだねさせるなんて、国会議員がやって良いことではありませんというか、主権侵害を望む人が国会議員にいることに本当に驚くばかりです・・・ホントにバカ


アメリカに従うなとかいっておきながら、アメリカに陳情に行くバカさ、あほらしさ
もし自民党が民主や社民の政権の時に同じ事をしていたらどんな結果になっていたやら・・・考えるまでも無いですね


こいつらが当選させた有権者は、その馬鹿さ加減が理解できるのかな?
それともわかっていてやっているのかな?
このうすらバカ議員どもが恥ずかしい、みっともないことをしていると思うなら、もう二度と票を投じないで欲しいですね。わかっている連中は売国奴だから通常の方法じゃどうにもならないから、困りますね・・・


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック