2014年04月14日

人・物資等の入国検査を厳しく>鳥インフル発生http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140414-00000011-mai-soci

Yahoo:「<鳥インフル>「養鶏王国」 夜を徹して殺処分と消毒

熊本県内の養鶏場で、国内では3年ぶりとなる鳥インフルエンザの発生が確認された。3年前に宮崎県内で発生した際には、最終的に県内の13農場に被害が広がり約102万羽が殺処分された。南九州は全国有数の「養鶏王国」。関係者は被害を最小限に食い止めようと夜を徹して殺処分と消毒活動を続け、周辺の自治体や同業者らも警戒を強めている。【松田栄二郎、志村一也、柿崎誠】

 鳥インフルエンザが発生した多良木町の養鶏場と、発生は確認されていないものの経営者が同じ同県相良村の養鶏場では13日から14日にかけて、県職員らが夜通しで鶏計11万2000羽の殺処分を続けた。14日には県の災害派遣要請を受けた陸上自衛隊第8師団(熊本市)も現地入り。両養鶏場に続く主要道路などでは出入りする車両などの消毒も24時間体制で続けられるなど、県南部の山あいの集落はものものしい雰囲気に包まれている。

 多良木町の養鶏場では鳥のさえずりが響く中、白い防護服にマスク姿の県職員らが規制線の前で警戒。作業に従事した職員によると、順次ガスで殺処分した後に大きな袋に入れ、重機で掘った穴に埋められたという。「感染拡大を防ぐために早く殺さないといけないとはいえ抵抗がある」。関係者が力なく語った。

 相良村の養鶏場でも同様に防疫服姿の県職員らが鶏を入れた透明のポリ袋を運び出して「液化炭酸ガス」と書かれたボンベから白い気体を袋の中に噴霧した。鶏舎の隣ではショベルカー2台が鶏を埋めるための穴(幅4メートル、長さ80メートル、深さ4メートル)を掘っていた。

 県内では養鶏・採卵農家計234戸が約714万羽(13日現在)を飼育している。発生が確認された直後の13日、熊本県庁であった防疫対策本部会議では、本部長でもある蒲島郁夫知事が「封じ込めに総力を挙げてほしい」と強い口調で指示を出した。知事は会議後の記者会見で「今回のことで鶏肉や卵を食べなくなれば農家が苦しむ。鶏肉などを食べて農家を側面から助けてもらえればうれしい」と風評被害防止を呼びかけた。


素早い対応でなにより
民主政権だったら、間違いなく対処が遅れ、被害が拡大していたことでしょう
それは宮崎の口蹄疫騒動を思い出せばわかること

さて、それらはさておき
大陸では鳥インフルエンザが猛威をふるっているとのこと
なれば、外から入ってくるもの、特に大陸から入ってくる物に対しては厳重にチェックして欲しいところです

安易に入国を認めないように厳重な検疫をお願いしたいですね


しかし、今現在渡りの季節でいろんな鳥たちが渡ってくる時期でもあるので、本当に完全な隔離は難しいですね〜。広がらないように、犠牲が今回の鳥たちだけで済むように、各農場の人たちへの行政のサポートをお願いしたいです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140414-00000011-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック