2014年04月10日

見る目がなかった監督自身も責任とらないと駄目ですね(笑)>星野その言い方はゲスだhttp://sankei.jp.msn.com/sports/news/140410/bbl14041008170001-n1.htm



産経新聞:「楽天・松井裕、大乱調 5四球KO劇に星野監督「あんなピッチャー初めて見た」

(パ・リーグ、日本ハム5−2楽天、2回戦、1勝1敗、9日、札幌ドーム)楽天は9日、日本ハム2回戦(札幌ドーム)に2−5で敗戦。ドラフト1位の松井裕樹投手(18)=桐光学園高=がプロ初勝利をかけ2度目の先発に臨んだが、制球に苦しみ四回途中で降板し、2敗目を喫した。

 7三振を奪うも、5四球と大乱調。3回1/3を投げ3安打2失点の黄金ルーキーは試合後、無言でバスへ。降板直後、球団広報に残したコメントに悔しさがにじんだ。

 「情けないです。四回に生命線の直球でストライクが入らなくなってしまって、マウンド上で修正することができませんでした。野手の方にもあとを投げていただくことになった投手のみなさんにも申し訳ないです」

 三回までに6三振を奪うも、四回に3四球などで満塁のピンチ。一死から大引に右越え2点二塁打を浴び、次打者の大野に四球を与え降板を命じられた。星野監督は「ひどかったな。あんなピッチャー初めて見た。嶋もリードのしようがない」としかめっ面だ。

 中6日のローテなら、次回登板は16日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)。パ屈指の強力打線との対決を前に修正できるか。18歳が試練を迎えた。


あんなピッチャーを先発可能だと判断した監督自身の目もあんな目だったという事ですね

星野監督もいろいろ反省すべきですな


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:星野仙一
posted by ! at 19:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック