2014年04月03日

国連の方で害は少ないことが確認されたけどhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00000007-asahi-ent

Yahoo:「福島県民、がん増加確認できず 国連の原発事故報告

東京電力福島第一原発事故の健康への影響を分析した国連科学委員会の報告書の全容がわかった。福島県民は全体的に、がんの増加は確認できないと評価した。原発30キロ圏内にいた当時の1歳児に限っては、甲状腺がんの増加が確認できる可能性はあるが、現在はデータが足りないために結論が出せないとした。報告書は2日に公表される。

 国連科学委の報告書は、原発事故に関する報告書では国際的に最も信頼されている。科学委は、日本政府の観測データや世界の研究者の論文などをもとに、福島県内外の住民について、事故当時の1歳と10歳、成人という3分類で外部被曝(ひばく)と内部被曝線量を推計。健康への影響を調べた。

 報告書によると、事故後1年間の全身への被曝線量は、原発周辺も含めた福島県全体で成人は平均1〜10ミリシーベルト、最も影響を受けやすい1歳児は約2倍になると推計した。1歳児でも、がんのリスクが明らかに高まるとされる100ミリシーベルトを下回った。


早期に対応できたから被害がほとんど無いことは当初から言われてきたことですが、それが国際組織からも認められたって事で良かったですよね

問題がないエリアへは帰還できるように段取りをとっていくべきだし、その後普通に生活できるように整えていって欲しいものだと思います


それでも念のために被爆の影響の有無が確認できるように追跡調査だけはきちんと続けて欲しいとは思いますよ

放射線の影響よりストレスで体をこわす方が多いと指摘されていることを考えれば、考えすぎは毒。こうやって影響は少ないことが確認されているわけですから必要以上に心配しないで欲しいですね

だいたい広島長崎はああいうことがあったのに、除染作業してないままあそこまで復興していることを考えて欲しいぁ


なんて言うか放射脳って中世のペストを恐れてオカルト的な振る舞いをしていた人たちと何ら変わりないんだもの

まずは正しい専門家の意見をきちんと聞き入れるという作業したらいいと思います。専門外の学者とか、えせジャーナリストの言葉を何で受け入れてしまうのかわけわかりません!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00000007-asahi-ent


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック