2014年03月28日

貴重な遺産を未来へ残すにはやむ得ないでしょう>高松塚古墳の壁画戻さずhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000009-asahi-soci

Yahoo:「高松塚壁画、古墳外保存決まる 検討会「当分の間」

2007年に石室ごと取り出され、10年計画で修理が続く奈良県明日香村の高松塚古墳(特別史跡、7世紀末〜8世紀初め)の極彩色壁画(国宝)について、文化庁の「古墳壁画の保存活用に関する検討会」(座長=永井順国〈よりくに〉・政策研究大学院大客員教授、17人)は27日、「当分の間」との条件付きながら、修理後に石室外での保存を認めることを決めた。

 カビの再発防止などの技術が確立されていないことが主な理由。「遺跡の現地保存」の原則のもと、修理後の壁画を古墳に戻す姿勢でいた文化庁は方針転換する。1972年の発見時に「戦後最大の考古学的な発見」と騒がれ、「飛鳥美人(西壁女子群像)」に代表される壁画は、同じ明日香村のキトラ古墳(特別史跡、7世紀末〜8世紀初め)に続いて、古墳外で保存されることになる。

 検討会で、文化庁は「当分の間は古墳外の適切な場所で保存管理・公開を行うことが適切だ」とする案を提示し、了承された。永井座長は「今の技術で古墳に戻すのは困難だが、そのための研究は続ける。20〜30年かかるとすれば、しっかりした保存施設を造らなければならない」と述べた。(塚本和人)


未来へ残すためにはやむ得ない判断と思いました
今戻すことが出来なくても、いずれは出来るようになると研究を続けて行けばいいと思います

それらを維持していくためにも、景気の回復が望まれますね!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000009-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 考古学・歴史的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック