2014年03月20日

対カルトなどによるテロ対策は大丈夫かな?http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140320-00000004-ann-soci

Yahoo:「13人が犠牲に…オウム地下鉄サリン事件から19年

 オウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で19年です。

 1995年3月20日午前8時ごろ、教団の信者らが東京の地下鉄・丸ノ内線など5つの路線で猛毒の神経ガス「サリン」を車内にまき、乗客や駅員ら合わせて13人が死亡、約6300人が負傷しました。実行犯の送迎役を務め、事件後、約17年間逃亡した高橋克也被告(55)は一昨年に逮捕されましたが、裁判の具体的な日程はいまだ決まっていません。一連のオウム事件では、首謀者で教団元代表の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ら13人の死刑が確定しています。20日は事件の発生時刻に合わせ、霞ケ関駅などで東京メトロの職員らが犠牲者に黙祷(もくとう)を捧げ、献花をすることになっています。


オウムは、勢力が衰えることなく、むしろ増やしているとも聞きます
こういう事件を起こした連中だと知った上で入信しているんでしょうかね?
アホやな

さて、
こういうカルト集団ですとか
その他中核、革マルなど反体制のテロリストやら、支那人朝鮮人などの破壊活動があることを考えたら

サリン事件のような手段を使っての無差別殺人への日本の備えは大丈夫だろうかと心配でなりませんですよ
警察、自衛隊の備えは万全であろうかと気になるところです

また自分たち個人も身近に、そのような怪しい連中がいないかどうかなど
可能な限り目配りして怪しいのがいたら、通報するなど自己防衛に努めるべきでしょうよ
自分や家族などの命を守りたければ、気をつけるしかないでしょう


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140320-00000004-ann-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック