2014年03月17日

悪意を持った相手には、機密を守るのは難しいね>東芝技術流出事件http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140315-00000112-san-soci

Yahoo:「東芝技術流出 不正コピー、1年以上 転職狙い、計画的犯行か

大手総合電機メーカー「東芝」の研究データが韓国企業に不正流出した事件で、東芝の業務提携先で半導体メーカー「サンディスク」の元技術者、杉田吉隆容疑者(52)=不正競争防止法違反容疑で逮捕=がサン社を退職する少なくとも1年以上前から機密情報を無断でコピーし続けていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 退職から約2カ月後には、韓国の半導体大手メーカー「SKハイニックス」に転職しており、警視庁捜査2課は杉田容疑者がライバル社に貴重な情報を持ち込むことで、転職条件を有利にしようと、計画的に準備を進めていたとみている。

 捜査関係者によると、杉田容疑者はサン社で東芝の「営業秘密」にあたるデータを管理するサーバーにアクセスする権限があり、少なくとも平成19年4月から無断でデータを盗み出し、退職する20年5月まで続けていたという。

 同年7月にSK社に転職し、直後に東芝の「NAND型」フラッシュメモリーに関する研究データが入った記憶媒体を渡していたことが確認された。データは社内ネットワークの共有フォルダに保管され、誰でも閲覧できる状態だった。


最初から悪意を持った人に対しては弱いよね、今の社会システムって
基本みんな善意を持っていることが前提だから

こうやって最初から盗む気満々の人には、あっというまに無防備になってしまいます

社員が最初から悪意を持って働いているということを前提にすることがなかなか難しい以上、
あとは産業スパイの罪をとってもものすごく重いものにしないと規律は守れないのかもしれません

まさかその盗んだ先の会社がそういう盗難品はいらないという紳士みたいな対応をするわけ無いもんね

まして朝鮮企業だし、あくどいのを見据えて情報を持ち込んでいった悪党に、厳しい罰を与えられないであろう現在の法体系が憎いです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140315-00000112-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック